無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1474 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 2018年4月から大きく変わる住宅の売買

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センター2018年4月から大きく変わる住宅の売買

ホームインスペクション(住宅診断)について一定の説明が必要

不動産の取引に関する宅地建物取引業法が改正され2018年4月から施行されることになっています。
今回の改正は大改正といっても良い内容となっていますので、これから住宅取得をお考えの皆様には、是非知っておいていただきたいと思います。

今回の目玉はホームインスペクション(住宅診断)に法的な位置づけがされたことにあります。
不動産業者は既存建物(中古建物)の取引をする場合、ホームインスペクションについて一定の説明をしなければならないことになります。(法律の条文では「建物状況調査」となっていますが、本文では「ホームインスペクション」ということにします)

 1.不動産業者は既存建物の売主等から取引の依頼を受ける場合、媒介契約書で
   「ホームインスペクション業者をあっせん(紹介)するかどうか」を説明する
   ことになります。

   「ホームインスペクションをしなければならない」のではなく、インスペク
   ション業者を紹介するかどうかを説明すれば良いのですが、当然ホームイン
   スペクションとは何かについても説明することになります。

 2.契約が成立する前に不動産業者がおこなう「重要事項説明」の中で、「この
   既存建物がホームインスペクションを受けた建物かどうか」を説明しなけれ
   ばなりません。
   受けた建物であれば、その結果についても概要を説明することになります。
   たとえば「2階の和室の東側天井に雨漏れ跡があります」などを説明します。

 3.既存建物について、契約の当事者(売主と買主等)が合意した内容を文書に
   することが義務付けられます。購入した後に「こんなこと説明を受けていな
   かった。」ということがないようにするためです。

今回の改正は既存建物に限って実施されますが、この影響は新築住宅にも波及してくると考えられますので注意が必要です。

 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦

 【生活の困ったを相談してあんしん!】
  ご相談・ご質問・ご要望は下記まで お気軽にどうぞ!
    ■住宅相談センター  フリーダイヤル 0120-756-365
     名古屋市中区栄四丁目1番地1 中日ビル6階
     http://www.hng.ne.jp/expert_detail48.html
     オフィシャルサイト

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。