無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1474 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 住宅を購入するときのホームインスペクションをするタイミング

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センター住宅を購入するときのホームインスペクションをするタイミング

前回は2018年4月1日から宅地建物取引業法が改正されて、既存(中古)建物の取引について不動産業者さんがホームインスペクション(建物状況調査)について説明する義務が発生することをご案内しました。

すでに自社で取り扱うすべての建物についてホームインスペクションをしている先進的な不動産業者さんも登場しています。
では、このホームインスペクションはどのタイミングするのが一番良いでしょうか?

こちらをお読みいただいている人は、売主になる人も買主になる人もいるでしょうから、ここではどちらにも良い結果をもたらすタイミングをご案内したいと思います。

(1) 売主の立場では、売り出すと決めた時点(売買契約締結前)でホームインスペクションをすることをお勧めします

仮にホームインスペクションによって雨漏れなどが発見された場合、売買契約締結後であれば、買主との間でトラブルになり契約の解除や補修の要求になることが考えられるからです。
自らが売る物件の状態を理解していれば、トラブルになることも少ないと思います。

(2) 買主の立場でも、買いたい!と決めた後(売買契約締結前)にホームインスペクションすることをお勧めします。

こちらも契約後のトラブル防止という意味もありますが、自身が購入しようとする物件の状態を知ってくことが重要ですし、リフォームを検討される場合はホームインスペクションの結果によってリフォームの優先箇所が明らかになるメリットもあります。
さらに一定基準に適合する建物であることがわかれば『既存住宅売買瑕疵保険』(今後ご説明します)が付いた建物となり、取得時の各種減税を受けることもできるからです。

いずれの場合でも、できることなら売買契約締結前にホームインスペクションされることが一番です。

 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦

 【生活の困ったを相談してあんしん!】
  ご相談・ご質問・ご要望は下記まで お気軽にどうぞ!
    ■住宅相談センター  フリーダイヤル 0120-756-365
     名古屋市中区栄四丁目1番地1 中日ビル6階
     http://www.hng.ne.jp/expert_detail48.html
     オフィシャルサイト

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。