無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)

<子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)~住宅時事>

環境省では、来年1月から、全国10万人を対象とした『子どもの健康と環境に関する
全国調査(エコチル調査)』を開始するそうです。

   環境省:『子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)』
      http://www.env.go.jp/chemi/ceh/index.html

この調査の背景としては、小児ぜんそくなどの免疫系疾患や小児肥満などの内分泌系異常、
先天奇形などが過去20年~30年のあいだに増加していることがあります。

この調査スキームは、かなり大がかりで、かつ期間が長いもの。
調査仮説として、『胎児期から小児期にかけての化学物質暴露をはじめとする環境因子が
妊娠・生殖、先天奇形、精神神経発達、免疫・アレルギー、代謝・内分泌系等に
影響を与えているのではないか?』と設定。
脆弱であるとされている子どもたちの、胎児期から小児期にわたる成長・発達に影響を与える
環境要因(化学物質の暴露や生活環境など)を明らかにすることが目的です。

調査に先立ち環境省が2008年に実施した公募に寄せられた、一般の方・専門家の方々の
意見分析を調べてみると、一般の方が『子どもの健康に関連して不安を感じている環境要因』の4位に
“シックハウス” が。“化学物質”も、8位に挙がっています。

さらに、『不安に感じる子どもの健康影響』に関しては、一般、専門家ともに“アトピー” が1位。
一般の方では、2位が、“ぜんそく” と “アレルギー”。5位に “化学物質過敏症” が挙がっています。


これらの症状は、すべて“シックハウス症候群”に関連するもの。
従って、この調査でも“シックハウス”にかかる問題が、大きな注目を示すことが予測されています。

ところが、住宅業界においてはほんとうに残念なことに、シックハウス症候群の原因が
“ホルムアルデヒド” が主な原因物質であり『F☆☆☆☆』制度によりシックハウス問題は終わった、
という認識をお持ちの方々がまだいらっしゃるようなのです。
場合によっては、現在家づくり・リフォームをお考えの方々でも同様なお考えを
お持ちの方々がいらっしゃいます。

しかし『F☆☆☆☆』制度で使用が規制されているホルムアルデヒド以外でも、
たとえば“トルエン”など、さまざまな化学物質によるシックハウス症候群、
シックスクール症候群の事例もあります。

厚労省では、13の化学物質について室内濃度値を設定しているほか、2000年にトータルVOC
(TVOC=揮発性化学物質の送料の目安)を設定しています。
それ以外でも、フタル酸エステルや有機リン系殺虫剤なとのSVOC(準揮発性化学物質)も
シックハウス症候群を引き起こす可能性がある、と指摘されています。

シックハウス症候群・化学物質過敏症のメカニズムとは、私が知る限りの有力な説では、
生涯にわたって健康影響をもたらさない化学物質の総量が、人それぞれ決まっていて、
その総量を超えると『コップから水があふれるように』一気にシックハウス症候群、
または化学物質過敏症を発症してしまうメカニズムと考えられています。

本来の調査仮説とはやや異なりますが、これから生を授かる子どもたちが、
おなかのなかから、そして、その子どもたちが大人になってから、シックハウス症候群で
苦しむことがないように、その基礎となるデータを2025年まで追跡調査するという、
ほんとうに息が長いもの。

このような取り組みは、民間で行うにはハードルが高く、かつシックハウス症候群の根本原因が
いまだに議論されている現状において、この調査経過、ならびに2025年に発表される
『中間発表=子どもの成長・発達に影響を与える環境要因の判明』が、これからずっと
発生が予測されるシックハウス症候群・化学物質過敏症の解決に向けた基礎データとなることを願ってやみません。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。