無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1474 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 84件 |建築家 14 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 住宅を購入するときのホームインスペクション~検査の範囲

住宅関連記事・ノウハウ

住宅アドバイザー 吉田 貴彦 株式会社住宅相談センター住宅を購入するときのホームインスペクション~検査の範囲

宅建業法改正で、住宅・マンションを購入するときにホームインスペクション(住宅診断)することは、日本でも一般的になると考えられます。
ではそのホームインスペクションでは、どこまでの範囲を診断してくれるのでしょうか?

【1】宅建業法改正で不動産業者の説明が義務付けられる範囲

1.建物の構造耐力上主要な部分の劣化事象
  屋根・基礎・外壁・柱・梁・床・内壁・バルコニーの腐食・劣化・傾きなど
2.シロアリ被害
3.雨漏れ

【2】既存住宅売買瑕疵保険の現場検査の範囲

1.上記のうちシロアリ被害はオプションになります。
2.水道・排水・ガス・電気などの管路もオプションで検査できます。
3.新耐震基準に適合していることの確認

【3】インスペクション業者が行っている範囲

1.料金によって、上記すべての項目を検査することができます。
2.それ以外に建具や内装・キッチンや換気扇などの設備の検査まで
  おこなっている業者が多いようです。

結果的に、買主としては自身が必要と考える範囲をインスペクションすれば良いのですが、インスペクション業者の能力や料金によってその範囲や調査

関連記事

住宅アドバイザー 吉田 貴彦住宅アドバイザー 吉田 貴彦

住宅アドバイザー 
吉田 貴彦
株式会社住宅相談センター

証券系不動産会社・大手ハウスメーカーに営業責任者として勤務。
 ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンコンサルタント・ホームインスペクターなどアメリカの制度を早くから導入して、お客様本位の家づくりのアドバイスを提唱している。