無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1510 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?

○今回のポイント 1 現在の家を考え方で、四季の移り変わりを感じる家にする
○今回のポイント 2 これからの家づくりは、自分で暮らしを方を考え・自分で守れる家にする

わが国の都市の住まいは「光」と「風」と「時」を軸として、恵まれた四季折々の朝な夕なの情景がすべてのテーマで、しかも夏を旨とすべしなどと書きながら・・・、思わぬこの夏の、あまりに不純な天候の夏となり、まさに気分も体調も筆を進める元気も無くしました。
が、気合を入れて、思い直して改めて家々を見てみると・・・、なんとどの家もそんな気候の変化などどうでもいいような家ばかりであることに気が付いて驚いたのです。

箱の家ばかりの現代、季節の変化を感じられない

よく言えば断熱の効いたベニヤ板とスレートサイディングの全天候型?の箱の家ばかりで、集合住宅は土地利用の効率的な?空へ空へと伸びる?鉄筋や鉄骨の高層マンションばかりなっているのです。

しかし、思えば、750年前の兼好法師がこのありさまを観たらいったいどう思うことかと考えると悶絶どころかきっと気絶をするに違いない!そう考えると、さらにその変化が見て取れるのです。柱と屋根だけの傘の家が一体どうしてこうも変われるものかと確かに不思議と言えるのです。なるほど今年の夏は別としてこうして次第に秋となり、やがて春が来るのです。大きく日本の気候は変わってはいないのです。人々もいろいろなでき事があったにせよその本質は変わっていないはずです。

しかし現実は季節のない家ばかりとなり、大小はあっても皆同じ家で、そこで人は同じように暮らし年を取るのです。この当たり前のことが長年に渡って受け継がれ人々は変わっていないはずです。

四季の変化に合わせて工夫された昔ながらの「京町屋」と集合住宅「長屋」

それこそ四季の変化によって、人々はそれぞれ家を建て、そして生活しながら工夫をしてきたのです。

日射を避け、風を呼び込む深い庇の家(画:天野彰)
<写真1:日射を避け、風を呼び込む深い庇の家(設計:天野彰)>

中でも「夏を過ごす」ことは大きな課題であり、それは「物理」であり、「心理」であると分かっていたのです。そこに京都の町家があり、商家には梲(卯建)ができ、農家では茅葺きの合掌造りが生まれ、さらに江戸の密集地では長屋の文化が生まれ、寄り添って暮らす独自の集合住宅が生まれたのです。

自分の家は自分で創り、自分で守る!

それらがそのまま日本人の心となり人格となっているのです。今それに戻ろうとするのも何ともナンセンスな話しのようなのですが・・・、
ちょっと工夫して自然に「夏を過ごそう」と考えるのです。

わが国の住まいの原点高下駄の“葦の丸屋”(画:天野彰)
<イラスト1:わが国の住まいの原点高下駄の“葦の丸屋”(画:天野彰)>

すると古人の知恵と暮らしが見えてくるはずです。

そうです。それこそが電気が停まり、年老いて一人になったときを考えるのです。

夏の装い(画:天野彰)
<イラスト・写真2:夏の装い(画:天野彰)>

その気持ちだけでこれから暮らしていく私たちの家はどうあるべきか、メーカーや人に頼らず、自分だけで自分の暮らしをちょっと想像してみるのです。地震も台風もさらには火災に見舞われるかもしれません。しかし自分の家は自分で創り自分で守るのです。その気持ちだけで、現代の家探し、家づくりそしてリフォーム計画が変わってくるのです。

次回は「家づくりの方法(1)それでも家を建てる!」をお話します。

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ