キャッシュバックキャンペーン

掲載情報件数

完成事例 1484 件 | ハウスメーカー 23件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. セカンドライフを田舎で過ごすメリット・デメリット

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社セカンドライフを田舎で過ごすメリット・デメリット

前回より、定年後の田舎で暮らしについてお話してきました。今回は「田舎暮らし」を検討するに辺り、知っておきたいメリット・デメリットについてご紹介します。

田舎暮らしはメリットデメリットをしっかり把握し検討しましょう。

「田舎暮らし」をするメリット

田舎暮らしの最大のメリットは、自然に囲まれて生活ができること

田舎暮らしならではの、のんびりした時間で過ごせることもメリットのひとつで、自給自足の生活に憧れる方々であれば、そんな暮らしを実現することができます。
なにより、田舎特有のご近所での助け合い精神は、都会の人間関係で疲れた方には、癒やしとなる場合もあります。人も少ないことから、人付き合いをほとんどしないで暮らすこともできます。

「田舎暮らし」をするデメリット

都会と異なり、利便性や娯楽は少ない

田舎暮らしでは、都会の利便性を諦めなければなりません。買い物や病院も、自家用車がなければ移動もたいへんで時間もかかります。娯楽も少なく、場所も遠くなることが大半であることから、少ない娯楽に不満を抱いてしまう場合もあります。都会の店舗と比較すると、田舎での店舗の品揃えを期待してはいけませんが、現在ではネット通販の進化により、品揃えの悪さはだいぶカバーできます。
ネット通販を普段使いしている方々であれば、買い物のデメリットは解消しつつある、と考えても良いのではないでしょうか?
ただし、携帯などのインターネット回線が遅い・つながりにくいエリアも散在していることから、インターネットのエンタテイメントコンテンツも使い勝手が悪い可能性もあります。

自然に囲まれて田舎特有の濃い人間関係は、裏を返せばデメリット

人間関係の濃さにまったく地域に溶け込むことができない可能性もありますし、地域ごとの風習についていけないこともあり得ます。
旅行などで何度も訪れて気に入った場所だとしても、その地域の利便性や地域ならではの風習や人間関係に疲れはてて帰ってしまう、という例もあります。

人間関係がある程度残っていると考えられる、長年過ごした実家に戻って田舎暮らしをする場合であれば、濃い人間関係に溶け込むのも、そう難しい話ではありませんが、何度か旅行で滞在した程度のまったく見ず知らずの土地に移住するにあたっては、1年程度住んでみてから本格的な移住を検討したほうが、後悔しない田舎暮らしになることが多いようです。

失敗しないコツは、【二地域居住】

魅力的な田舎暮らしですが、後悔しない田舎暮らしのためには、田舎だけで過ごす生活ではなく、定期的に都会と田舎を往復する【二地域居住】のほうが、失敗する確率はだいぶ軽減されるようです。

田舎で暮らしたい理由については、じっくり考えてからのほうが、より満足できる田舎暮らしになることは間違いありません。

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。