夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」|注文住宅のハウスネットギャラリー

無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1457 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」

○今回のポイント 1 適度な距離感を保つ「L+DK」プランで狭さを楽しむ工夫
○今回のポイント 2 家族の交流を忘れずに、両面を使える家具で仕切る

マンションなどの狭いLDKとは実は名ばかりで実際は大きな“K”なのです。キッチンで調理をすると、そのまま煙や匂いが充満し音が部屋中に響き、全体がKになってしまうからです。奥さんも家族や夫に気づかって調理をするのは楽しくありません。

LDKをLとDKに分けることで夫婦の時間が保たれる

ではただでさえ狭いLDKを夫婦のためにどう分けるのでしょうか?

一般的にはKだけを分けてLDとK、すなわちリビングダイニングにすることが多いのですが・・・、今度はKが閉鎖的となり、主婦が孤立してしまうのです。
そこであえてLとDKとに分けるのです。これで憩う時も食事の時も家族や夫婦が常に一緒に居るようになるのです。これで食べる時も居間に居る時も夫婦、親子に一体感が生まれ、しかも作業中は落ち着く事ができるのです。

使える家具で仕切ることで、狭い空間も無駄なく使う

しかし分けると言っても、しょせん狭いLDKをいったいどう分けるかですが・・・、LDKの真ん中に大きなハッチ式家具をでんと置いて仕切るのです。これを“装置壁”と言い、私が例える生命維持装置、ならぬ“生活”維持装置とするのです。
この天井までのハッチが台所側では主婦のすべての収納となり、狭いながらも妻の空間とすることができるのです。そのDK側には食卓を置きます。すると食事の時は夫はもとより家族も“妻の空間”に集まってくるのです。

イラスト:お馴染み「生活維持装置」ならぬ両面ハッチ家具(画:天野彰)
<お馴染み「生活維持装置」ならぬ両面ハッチ家具(画:天野彰)>

その反対にL側はまさしくリビングで、同時に夫の書斎や仕事部屋となるのです。図のようなハッチに仕込まれた戸を手前に開いてそれがデスクとすれば。まさしく造り付けのライティングビューロウとなり、普段はパソコンや危険な塗料や道具が納められ、プラモデルづくりなどの遊びの場となるのです。これがのちに「オヤジデスク」としてわが設計の家のどこかの壁の中から登場するのです。

写真:リビングの初代ハッチ式装置壁と現代の「オヤジデスク」
<リビングの初代ハッチ式装置壁と現代の「オヤジデスク」(設計:天野彰)>

狭さを楽しむため、家具としてだけではなく設備も盛り込む仕切り

このハッチにオ-ディオやTVなども組み込み、リビング装置にするのです。これこそが狭苦しいではなく「狭“楽”しく」住むことです。これが今でも私の住まいの発想なっているのです。

このLD+Kはリフォームの際には大きな引き戸にして開閉可能にする“可動間仕切り”も有効です。もっと簡単にはアコーデオンカーテン、いや厚手のカーテンでも可能なのです。

次回は「子育てではなく“夫婦”育て」?です。

 *********************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表。

 一級建築士天野 彰 公式ホームページ
 一級建築士事務所アトリエ4A ホームページ