キャッシュバックキャンペーン

掲載情報件数

完成事例 1498 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 50代で家を建てる~ 「建て替え」「リフォーム」の選び方

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社50代で家を建てる~ 「建て替え」「リフォーム」の選び方

前回に引き続き、50代で家を建てる際のポイントをご紹介します。

今回は、「建て替え」と「リフォーム」の選び方について。

まずは現状と将来のライフプランをしっかり検討する

まず、どの家を「建て替え」するか「リフォーム」するか。自分の家に限らず、それぞれの実家への住み替えも前提のひとつとして考えたとき、リフォームするか、建て替えする必要まであるのか。建物の傷み具合にも、リフォームするか、建て替えするかの判断は左右されますが「建て替え」するか「リフォーム」するかを検討する前に、まず現在置かれている条件を整理しましょう。

建て替えよう、リフォームしようと思ったきっかけは、人それぞれ違います。まず最初に自分たちの将来(ライフプラン)において、どちらの家を「建て替え」するか「リフォーム」したほうが、将来の自分たちのリスクが少なくなるか、という検討からはじめます。
自分の家か、どちらの親の家か、という選択によっても、思い入れも異なります。また、将来、転勤がありそう、またはどちらかの親御さんを扶養・介護しなければならない可能性がある、子供が独立してすぐに出て行く、もしくは、現在別居している子供と2世帯住宅になるかもしれないなど、その人の持つ背景によって適正な選択が変わる場合もありえます。

ここで重要なのは、ご自身の現在置かれている環境、そして、これからの状況を想定し、将来のライフプランを一度整理した上でリスクが軽減できる選択をすることです。

建て替え(新築)とリフォームの【メリット】・【デメリット】

続いて「建て替え」(新築)と「リフォーム」の【メリット】・【デメリット】を整理してみましょう。

建て替えの【メリット】

・間取り、設備など、現在の不満点のほとんどが解決できる
・建物の構造も含めた行政のお墨付き(検査済証)で、安全、安心
・無担保型リフォームローンと比較して、低金利で多額のローンを組むことができる

建て替えの【デメリット】

・現在の建物を解体することが前提。特に「家」に対して思い入れが強い親がいる(たとえば「先代から受け継いだ家」という思い入れ)がいると、それだけで家庭内の抵抗勢力になる
・条件によっては、セットバックによって家が小さくなる
・工事に伴い、庭がだめになってしまう。
・敷地または隣接する道路等にレッカー(クレーン車)が入れない場合、工事費が大きく上昇する、または建てられない
・リフォームと比べ、建築費が高額
・仮住まいの手配と、2回の引越しが必要
・リフォームと比較して工事期間が長くなる
・地盤調査、瑕疵保険など、新築では必須の検査費用が別途かかる
・不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など、各種税金の負担が大きい

リフォームの【メリット】

・愛着のある建物を完全に解体する必要はない
・新築と比べ、工事期間が短くて済む場合が多い
・仮住まい、引越しが不要となる場合がある
・建て替えと比べ、諸費用も含めた総予算が圧縮できる
・10年以上住宅ローンが残っている場合は、住宅ローンの借り換えでリフォーム予算の調達ができる可能性がある
・有担保型リフォームローンを選ぶと、低金利でリフォーム資金を調達できる場合がある
・邸者の規模が大きな場合、新築よりも工事費の差が大きくなる
・現在の予算に合わせて、リフォームする内容を選ぶことができる
・内外装をはじめ、住宅性能(耐震性・断熱性など)も新築同様
・地盤調査、瑕疵保険など調査と保険の費用がかからない (瑕疵保険については、任意保険として保険の契約ができる)
・各種税金が軽減できる(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税)

リフォームの【デメリット】

・既存建物の構造によっては、間取りなどが自由にならない場合がある
・基礎、柱、梁などの主要構造を変えない場合、家の強度に不安が残る可能性がある
・構造補強を含めたフルリフォームの場合、新築より割高になる可能性がある
・無担保型リフォームローンを選ぶと、審査は早いが金利は高い
・瑕疵保険等を別途手配しないと、検査機関による建物の検査がない

これらのメリット・デメリットを踏まえ【建て替え】か【リフォーム】か、どちらを選んだほうが将来にわたってリスクを軽減できるか検討することが重要です。

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。