キャッシュバックキャンペーン

掲載情報件数

完成事例 1498 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 50代で家を建てる~「建て替え」「リフォーム」を選ぶ判断法則

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社50代で家を建てる~「建て替え」「リフォーム」を選ぶ判断法則

前回に引き続き、50代で家を建てる際に「建て替え」「リフォーム」の選び方についてご紹介します。
今回は、将来のリスク検討の材料として弊社の数多くのコンサルティングから導き出した法則を解説します。

【建て替え】でも【リフォーム】でも、将来の予測によりどちらのほうが少ないリスクで済ませることができるかが大きく変わります。

建替えた方が良い場合

・その家を終の棲家とし、かつ、その家を承継(相続)するものがはっきりしている。

・老後の資金などもしっかりと計算した上で、資金に余裕がある。

・既存の建物の確認申請が昭和56年6月1日以前に出されていて(旧耐震基準)、現在の耐震基準に沿った構造補強に多額の費用がかかることがはっきりしている。

・現在の住まいについての不満点が、構造、断熱、間取り、設備などほとんどすべてにおよぶ。

・地盤が弱く、家が傾いている。

リフォームをした方がよい場合

・終の棲家かどうか、はっきりと決まっていない。

・将来売却したり、賃貸にしたり、あるいは独立した子世帯が帰ってきて【二世帯住宅】【三世代住宅】となる可能性がある。

・「年金が受給できるか」という不安に代表される不透明な将来のライフプランを踏まえ、予算を少しでも低額に抑えたい。

・既存の建物の確認申請が昭和56年6月1日以前に出されているが、スケルトンリフォームができる工法である場合。

・昭和56年6月1日以降に確認申請を出した建物で(新耐震基準)、現在の住まいについての不満点が部分的である。

・子供の独立に伴い、現在の家族構成では大きすぎる住まいである。(使わない部屋がある)

50代の建て替えorリフォームの判断法則

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。