無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1534 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 50代で家を建てる~「住み替え」のメリット・デメリット

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社50代で家を建てる~「住み替え」のメリット・デメリット

前回に続き、50代で家を建てる場合に、「住み替え」を選択されるメリットとデメリットについてご紹介します。

【住み替え】のメリット

・売却益で資金をまかなえる場合、わずかな自己資金で済む場合がある。
・売却益で住み替え予算が足りない場合でも、比較的容易にローンを組むことができる。
・高額な売却益を得られた場合、住み替え予算の余剰金から老後の資金等に充当できる。
・高額な売却益を得られた場合、相続対策として余剰金を納税資金や遺産分割対策資金に充当できる。
・マンション購入、建売物件、土地を購入しての新築、賃貸住まいなどあらゆる選択肢が可能となる。
・かかりつけの病院、コミュニティー活動に近いところでの住まいが可能。
・敷地が広すぎて、庭の手入れなど維持管理ができない。不在の部屋がありすぎて掃除も面倒などオーバースペック(過剰)な住まいに対して変更が可能。

【住み替え】のデメリット

 ・愛着のある土地、建物を手離さなければならない。
・売却益がほとんど出ない、もしくは売却しても住宅ローンが残っており売却損が出てしまう場合がある。
・売却益がある程度高額でも、理想とする住まいが見つかるという保証はない。
・実家の売却の場合、市街化調整区域や再建築不可、隣地境界が不明確などそもそも不動産の値段が付かない、もしくは売却が難しい可能性がある。
・地域、近隣など住まい方が変わることから、地域・近隣の慣習になじめず気苦労をする。

定年を過ぎてから30年以上にわたるセカンドライフを豊かに楽しく暮らすには、あらゆる切り口での検討と選択が必要となります。また10年以上にわたる長期レンジで検討したほうがセカンドライフを過ごす年代になった時期に、リスクの低い方法を選ぶことができることでしょう。

次回は、50代で家を建てる・リフォームするときに配慮すべきチェックポイントを解説します。

50代での住み替えの選択

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。