1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 建築家の家づくりの特徴「ポイント3・メリットとデメリット うそをついてもしょうがない!正直に話そう!!」

住宅関連記事・ノウハウ

建築家の家づくりの特徴
ポイント3・メリットとデメリット うそをついてもしょうがない!正直に話そう!!

メリット1
設計契約をすれば、施工に関してなんの制約も受けない。したがって完全にあなたの利益を最優先にした代理人になれる。
メリット2
画一的ではない、あなたのこだわりを追求した個性的な設計、デザインを提案してくれる。
メリット3
あなたの代理人として建築のプロの視点で、予算の管理、スケジュールの管理、そして施工の監理をしてくれるので安心。
メリット4
建築中の施工会社とのトラブルも間にはいってくれる。
メリット5
詳細設計が完了してから見積りなので、後での追加金額が少ない。
メリット6
施工図面の枚数が多く、しっかりしているため、増改築するときに便利である。

デメリット

デメリット1
先生という感じで敷居が高く、気軽に相談しにくい。
デメリット2
設計契約をしないと詳細打ち合わせに入れず、相性他合わなかったら設計料の一部が無駄になる可能性がある。
デメリット3
予算管理も仕事の内と言いながら、設計契約時にお願いした予算と詳細設計後の詳細見積り金額が違う(予算オーバー)になるケースが多い。
デメリット4
建築主の家というよりも、建築家自身の作品をつくられてしまう場合がある。
デメリット5
工務店、ハウスメーカーとの家づくりに比べ、建築費が相対的に高くなる。
デメリット6
打ち合わせに時間がかかる。最低でも1年は完成までかかる。

関連記事

建築家を探す

建築家比較ページへ