無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. インタビュー TOP
  3. インタビュー記事 株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

INTERVIEW~ 施工会社訪問記

前の記事へ

次の記事へ

株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

vol.0015

注文住宅65年のノウハウで、オンリーワンの住まいをご提案

株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

ハウスメーカー東京都品川区東品川

この会社の
詳しい情報を見る

■株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに行ってきました

こんにちは!ハウスネットギャラリー事務局の内山です。

今回は「新宿」駅から徒歩8分の新宿センタービル45階
株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム 新宿事務所にお邪魔してきました。

45階の眺めの良いショールームでお話をうかがいました
<45階の眺めの良いショールームでお話をうかがいました>

■大森利美さんにお話をうかがいました

お話をうかがったのは、営業本部法人部、主任の大森利美さんです。
大森さんは平成3年に入社して今年24年目だそう。四国生まれで、ヤマダ・エスバイエルホームでは、積算や営業などを経て、現在は法人担当をしているとのことです。

とても穏やかな雰囲気の方で、ヤマダ・エスバイエルホームについていろいろと細かくお教えいただきました。

広々とした受付フロア 住まいのパネルなどが飾ってありました
<広々とした受付フロア 住まいのパネルなどが飾ってありました>

■ヤマダ・エスバイエルホームの活動

ヤマダ・エスバイエルホームは1951年創業のハウスメーカーで、年間におよそ1600棟の建物を建てているとのこと。60年以上にわたって注文住宅を手掛けているので、技術や経験の蓄積があるようです。

お客さんへのイベントとして、展示場でのイベントや注文住宅、分譲住宅での完成披露会、無料プラン相談を行っているとのこと。また、年に数回、つくば工場と山口工場で見学会バスツアーを開催しており、毎回好評だそうです。

■創業者小堀林衛氏の「住まいの哲学」とは?

ヤマダ・エスバイエルホームの住まいづくりに対する考え方をうかがったところ
創業者小堀林衛氏の「住まいの哲学」を今も大切にしているとのことでした。

【住まいの哲学】 創業者:小堀林衛
「日本の住まいは、長い伝統と美しい風土の中で、素材の生命を生かしながら育ちました。
この伝統と個性を活かし、現代と調和させてこそ高い格調を創ります。
然し、ややもすれば機能にのみに走り、感覚を忘れがちです。生活は変革し続けても、
人間は美を愛し、住まいの中にそのひろがりを求めるのが本能です。
研築とは、その理想をあきらめず、究めつづけてやまない気持ちなのです。」

この「住まいの哲学」の原点にかえったkobori研築工房「小堀の住まい」という注文住宅の提案をしているそうです。

長年蓄積があるので、伝統的な雰囲気の設計が特に強いように感じました。

小堀林衛氏の「住まいの哲学」がフロアにも掲げられていました
<小堀林衛氏の「住まいの哲学」がフロアにも掲げられていました>

■SxL(エスバイエル)構法とは

ヤマダ・エスバイエルホームの住まいづくりの特徴について伺ってみました。

まず、社名にもなっている独自の「SxL構法」が大きな特徴だそうです。
「SxL構法」とは、高い強度と精度を持った木質接着パネルで床と壁を一体化して建物全体を強い箱のようにする建築工法。

在来軸組木造工法が柱や梁といった、「点」や「線」で支える構造に対して壁という「面」で支えていくという違いがあります。そのため、地震や台風などの外側からの強い力も面全体でバランスよく受け止めて、衝撃を基礎から地盤にすみやかに逃がしていけるのだそうです。

壁はストレストスキンパネル!

壁で支える「SxL構法」では、支える壁の強さが大切になります。
そこでヤマダ・エスバイエルホームでは、「ストレストスキンパネル」を使っているそう。

ストレストスキンパネル・・・。ストレスとスキンパネル?ストレス トスキンパネル?
耳慣れない、早口言葉になりそうな名前ですね。

ストレストスキンパネルとは、枠材と合板を接着して一体化する、独自の木質接着パネルだそうです。
この木質接着パネルを作るときには、耐久性の高い接着材を使用。これは、一般木造壁に筋かいを入れた壁に比べて、木質パネルが面全体で支えるので壁にかかる力を分散でき、強い剛性が得られるそうです。

面全体で支える働きを「ストレストスキン効果」というそうです。なるほど。

住宅の模型を見せていただきながら、丁寧に解説していただきました
<住宅の模型を見せていただきながら、丁寧に解説していただきました>

■内部結露を防ぐ「壁体内換気システム」!

ヤマダ・エスバイエルホームでは「壁体内換気システム」を採用しているそうです。

壁体内換気システムは、空気は暖められると自然に上昇するという性質を利用しています。
簡単に言えば、空気を床下から取り込んで壁の中を通し、壁の中に発生する内部結露(湿気)を屋根裏から逃がすというシステム。

壁の中を空気が自然に流れるので、4つの効果があるそうです。

 1.湿気を壁の中から追い出し、耐久性を長い期間維持できる。
 2.断熱材がへたりにくくなるため断熱効果が続く
 3.壁の中を空気が流れるので夏涼しくなる。
 4.壁体内の結露が起こりやすい冬でも、壁体内の湿度を下げられる。

実はこの壁体内換気システム、株式会社ヤマダ・エスバイエルホームが昭和53年に開発、昭和63年に特許を取っていた独自システムだったそうです。

30年以上も前から研究を続けており、実験や検証も十分に行っているとのことで、信頼性を感じました。

模型だと、屋根の上に少し張り出した部分から屋根裏の空気を外に出すのだそうです
<模型だと、屋根の上に少し張り出した部分から屋根裏の空気を外に出すのだそうです>

■安心の生涯サポートシステム

ヤマダ・エスバイエルホームは住まいを建てたあとのメンテナンスにも力を入れているそうです。

そのためのシステムとして「超・長期保証制度『新・住まいの生涯サポートシステム』」があるとのこと。このシステムは構造躯体部分について、20年間の初期保障が無償となっており、それ以降も定期的な点検とメンテナンスを行うことで、住まいがある限りずっと保証が続くというもの。

住まいを建てたあと、家がある限りずっと保証してくれるのはとても安心ですね。

■木造で強い家を考えているならおすすめです

創業64年の歴史があり、日本の伝統的な手法をベースにした美しいと感じられる注文住宅を手掛けるハウスメーカーだと思います。また今回の取材で、木質接着パネルで強く、壁体内換気システムで長持ちする住まいをつくる住宅会社ということがわかりました。

日本の伝統的な雰囲気を大切にした耐久性の高い注文住宅を考えている方に、お勧めの会社だと思います。

前の記事へ

次の記事へ

株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

vol.0015

株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

注文住宅65年のノウハウで、オンリーワンの住まいをご提案

ウチヤマ カズヒコ

ハウスネットギャラリー事務局(ネクスト・アイズ株式会社)

ウチヤマ カズヒコ

不動産会社にて仲介業務、および不動産調査業務を経て、ハウスネットギャラリー事務局に就任。ハウスネットギャラリー注文住宅サイトにて、お客さまに住宅会社を紹介する「ハウス仲人」を担当しています。

ハウスネットギャラリーでは、住宅会社選びに迷われている方へ、住まいの専門家があなたにぴったりの住宅会社を無料でご紹介いたします。こちらの会社が気になる方は、お気軽にご相談ください。

ハウス仲人

インタビュー一覧に戻る