無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. これから買う家・建てる家について、いろいろな不安や疑問

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社これから買う家・建てる家について、いろいろな不安や疑問

これから買う家・建てる家について、いろいろな不安や疑問

最初に、耐震性能はどうなのか。
想像を絶する巨大津波に耐えた住宅もありますが実際のところはどうなのか。
住宅の給湯で使う熱源は何を選ぶべきか。(オール電化か、ガスも組み合わせるか、太陽光発電システムなどの再生可能エネルギー活用機器は取り付けるか)。住まいの断熱性能への配慮は。(被災地では高気密高断熱住宅が事実上の《シェルター》になりました)。
地盤の状況は。(近隣での津波や地滑りなどの被害発生履歴も調査すべき)耐震・免震・制震とは何がどう違うのか。瑕疵保険は当然だとして地震保険への加入も検討すべきなのか。安全・安心な住宅仕様にした場合、住宅ローンの支払いはきちんと続けられるか。
そして、お住まいになってからの家具の転倒防止策は。壁面にしっかり固定する造作家具はつくるべきなのか。薄型テレビや冷蔵庫などの転倒防止対策はどうすればいいのか???。
あわせて、現在のお住まいの基本性能では、これから起こるかもしれない大震災や果てしなく続く巨大余震に、はたして耐え抜くことはできるのか?このポイントも外すわけにはいきません。間取りや住宅設備の計画を考えることは楽しいことですが、東日本大震災を契機に、これから建てる、これから買う住宅や土地の基本性能や状況にいろいろな不安が頭をもたげてくることは当然のこと。
そんなときだからこそ、予備知識もないままいきなり住宅展示場などに飛び込むのではなく、しっかり自分で納得いくまで調べて、わからないところは住宅関連のセミナーや勉強会などに参加して、自分の知識をしっかり持って疑問点を整理してから、住宅展示場などにいって相談すべきです。
もちろん、家づくり第三者機関である私たちは、メールでの家づくり・耐震リフォーム・地震保険・住み替えのご相談を、24時間365日受け付けています。場合によっては回答が深夜になる場合もありますが、ご質問されるみなさまの不安を少しでも早く解消できるようにしています。
被災した私の故郷(宮城県仙台市)を一日でも早く《震災前のあたりまえの姿》に戻すためなら、24時間365日の相談対応は全く苦になりません。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。