無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 【2010年度の住宅市場動向調査結果】

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社【2010年度の住宅市場動向調査結果】

【2010年度の住宅市場動向調査結果】

国土交通省は7月22日、2010年度の住宅市場動向調査の結果を公表しました。
それによると、2010年度の注文住宅購入者の世帯年収は、平均で税込657万円。2009年度より6万円少なくなり、過去5年間で最低とのことです。

国土交通省 平成22年度住宅市場動向調査について(概要)(外部リンク:国土交通省)

次に、注文住宅購入者の世帯年収別の割合をみると「400万~600万円未満」の
世帯が30.4%で最も多く、次いで「600万~800万円未満」の世帯が23.6%。
この2つで過半数を占めていました。
注目すべきは400万円未満の割合。2010年度では17.9%と3年連続で増加しています。

これに対し、中古住宅購入者の世帯年収平均は税込629万円と、
分譲住宅購入者(同667万円)や注文住宅購入者に比べると低かったのですが、
400万円未満の割合は9.5%と少なく2年連続で減少。
一方、400万~800万円未満世帯の割合が増加していました。

当たり前の話ですが、住宅を提供する側は住宅を建てる(購入する)層に添った住宅を提供できないと、お客さまは住宅を建てる(購入)ことができません。

最近のチラシでもよく見かけますが、小さい土地に小さい家を分譲したり建てたりする、いわゆる狭小住宅が現在の主流であり、売れているのも間違いありません。また、たとえば親の土地で建て替えする場合は土地取得にかかるお金が必要ありませんので低い年収でも住宅ローンの借り入れができるほか、親からの資金援助も期待できることから、年収400万円未満が増加基調にあることもわかります。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。