無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 【フラット35S】エコを使うと金利優遇の条件が拡大

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社【フラット35S】エコを使うと金利優遇の条件が拡大

【フラット35S】エコを使うと金利優遇の条件が拡大

住宅金融支援機構では、東日本大震災からの復興および住宅の省CO2対策を推進する目的で
省エネルギー性の優れた住宅を取得する場合の【フラット35】Sの当初5年間の金利引下げ幅を、
0.3%から東日本大震災の被災地においては1.0%、被災地以外では0.7%に拡大することにしたそうです。
(6~10年目(長期優良住宅等、特に性能が優れた住宅は6~20年目)の金利引下げ幅は0.3%)

ただし、省エネルギー性の優れた住宅のうち、特に性能が優れた住宅の基準は以下のいずれかを満たす住宅が対象。つまり、いわゆる【エコ住宅】と称する住宅が、その対象となります。
 ・【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)の省エネルギー性の基準
 ・【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)の耐久性・可変性の基準
 ・【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)の耐震性の基準、かつ、【フラット35】Sの省エネルギー性の基準。
 ・【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)のバリアフリー性の基準、 かつ、【フラット35】Sの省エネルギー性の基準。

耐震性、バリアフリー性及び耐久性・可変性のうち、いずれかの性能が
優れた住宅を取得する場合の【フラット35】Sの金利引下げ幅は0.3%のままとなります。

また、【フラット35】Sの申し込み期間によっても、金利引き下げ期間が異なるので
お申し込みの際は注意が必要です。

まず、【フラット35】S 【フラット35】S (中古タイプ)の金利引下げ期間は、
2012年3月31日までの申し込み分については「当初10年間」。
2012年4月1日以後の申し込み分について「当初5年間」となります。
【フラット35】S (20年金利引下げタイプ)の金利引下げ期間は、2012年3月31日までの申し込み分について
「当初20年間」、2012年4月1日以後のお申し込み分については「当初10年間」となります。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。