無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. バストイレは創造的空間。

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 バストイレは創造的空間。

バストイレは創造的空間。

 住まいにおいてバスルームは狭い空間ですが、トイレや入浴をすることは今までの生活や思考の流れをリセットし、ときには人生を大きく変えることさえあるのです。
実際に議論の最中や事態が窮地に落ち入ってもトイレタイムやバスタイムを取るとびっくりするほど考え方や状況が変わることもあり、日常生活からわれに帰り、未来を見すえ、さらに過去を振り返ることが出来る不思議な空間でもあるのです。

 狭い個室によって自身が開放されて邪念がなくなり、すべての神経が集中されて新たなアイデアや創造を生み出すからです。特にトイレはこれからの人生をも変えかねない重要な思考の場となることが多いのです。このトイレを単に“用を足す”だけの空間にしてしまわず、清潔でゴージャスなサロンにするのです。

イラスト:トイレを創造的空間に
■イラスト1:トイレを創造的空間に(天野彰)

 浴室の脇の洗面脱衣室がヒントです。洗面であり、洗濯室の機能しかないのですが、この空間こそリビングの一部と見間違えるほど広く快適なサロンとするのです。鏡も壁一面の大きなものにし、ここにトレーニングマシーンも置いて健康で美しい体を“創る”のです。これはもしかの介護の際も広く安心です。

 バストイレはまたの名を「化粧室」とも「パウダールーム」とも言われます。トイレのコーナーを小さな化粧台にして壁面を鏡にするだけで広々とします。
トイレとバスルームそして洗面脱衣室をエッチングのガラスの仕切りにして、開放的にし、化粧カウンターを大理石などとし、間接照明で柔らかな光と心地よい音楽でリラクゼーションサロンとなるのです。
家族も来客もトイレやパウダールームに行くのが楽しみとなります。

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表