無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 住みやすさは採光と通風が最大のポイント

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社住みやすさは採光と通風が最大のポイント

住みやすさは採光と通風が最大のポイント

 国の方向性として、住宅のスマート化や省エネ・節電などの性能向上がクローズアップされていますが、住宅のスマート化や省エネ・節電の効果を大きく左右する要素とは?

 実は、開口プランと通風の良い間取りです。

 日当たりのいい家は、それだけで気持ちが良いものですね。
 日中、光を取り入れるポイントとは、大きな開口。
 窓が南側にあれば、より多くの光が入ります。
ただし、光を多く取り入れようとすると、今度はプライバシーの確保に問題が出てきます。大きな開口は魅力的ですが、外からの視線を遮る工夫も必要になってきます。

 リビングが暗くなりがちで日中でも照明をつけてしまうと、省エネ・節電の点から観て、決してお薦めできることではありません。その場合は吹き抜けにしたり、北向きの暗い場所であれば、天窓や小窓などを多く設けると、日中はかなり明るくなります。中庭や坪庭があると、家の奥まで明るくなりますし、間仕切りをすりガラスにしたり縦長の窓を多く使うことで、光が奥まで届くようになります。

 暑い夏を快適に過ごすにあたり、もっとも省エネ効果・節電効果が高いのは、通風の確保。

 確かにエアコンや24時間空調・換気システムによって、室内温度や湿度の管理は精度よくできるようになりましたし、エアコンの省エネ性能も向上したことで10年前の半分程度の消費電力で同じ程度の冷房・暖房能力となっています。

 また、エアコンの特性として、室内温度や湿度が安定すると時間あたり消費電力は大きく下がります。これも、省エネ・節電には欠かせないこと。よって、室外の温度の影響を受けにくくするための断熱化、ならびに、すきま風をできる限り少なくする気密化は、通風とは別の視点。つまり省エネと節電のためには欠かせないものです。

 でも、締め切っていた夏の室内が暑いときは、まず窓を全開について自然の風を取り入れ少しでも室内温度を下げたほうが、冷房開始直後のエアコン消費電力を抑えられるほか、朝晩の涼しいときは、むしろ積極的に通風したほうが心地よいことは、みなさま経験していることと思います。

 新築やリフォームであれば、設計次第でさらに風通しをよくすることができます。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。