無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 7つのポイントでバリアフリー住宅は高齢でなくても快適

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社7つのポイントでバリアフリー住宅は高齢でなくても快適

7つのポイントでバリアフリー住宅は高齢でなくても快適

 高齢者が快適に暮らせるバリアフリー住宅の考え方は、いまでは一般の住宅でも当たり前になっています。
 バリアフリー住宅の基本は『段差をつくらない』『必要な場所に手すりをつける』ことですが、必要に応じて各部屋単位でのバリアフリーも検討したほうが良いでしょう。

 では、一般的にバリアフリー住宅にあたって必要な項目は7項目あります。この場で、
7つの項目を整理してみましょう。

 1.ちいさな段差をつくらない
  廊下と居室、居室と居室のあいだのちいさな段差を、極力なくすことが基本です。
  1cm程度の段差がもっとも危険。
  ほんの少しの段差でもつまづきやすくなるので、できるかぎり段差を
  なくす仕様にすることが大切です。

 2.手すりの設置
  玄関や階段などには、手すりを設置しましょう。
  手すりの高さは使うひとの足の付け根あたりが基本です。

 3.すべりにくい床材
  廊下や居室の床材は、すべりにくい工夫がされたものを選びましょう。
  また、どうしてもすべりやすい浴室について、現在のユニットバスは
  すべりにくい洗い場が標準仕様になっているのがほとんど。
  住宅設備機器メーカーショールームなどで、直接確認してみましょう。

 4.引き戸がおすすめ
  足腰が弱った場合や車いすの場合は、引き戸のほうが負担になりません。
  逆に、開き戸は足腰が弱った場合の負担が大きいことから、あまりおすすめできません。

 5.水まわりには、ある程度の余裕をもたせておく
  トイレや入浴、洗面などで介護者がつく可能性を考えると、ある程度の
  余裕は必要です。隠れた危険ポイントは、洋式便器左右のすきま。
  身体が挟まる程度のすき間しかないと、万が一便器から滑って身体が挟まって
  しまうと、そのまま身動きがとれなくなる危険性があります。

 6.高齢者の居室は1階に
  居室は1つのフロアで事足りるようにすることが基本です。
  和室ではなく洋室にして、ベットで寝起きすることで本人の負担はもちろん、
  要介護になった場合には、介護者の負担も小さくなります。

 7.【重要】住宅内の温度差を極力なくす
  最後に、バリアフリーでなにより大切なことは『温度のバリアフリー』。
  暖かい居室から寒いトイレ・浴室に移動すると、温度差で身体的ダメージを
  受ける『ヒートショック』を起こしやすくなります。
  基本は住宅の断熱性能・気密性能を高めることで、室内の温度差をなくすこと。
  それでも、最高と最低の温度差が10℃以上になるなど、温度差が大きいときは
  パネルヒーターなど、場所ごとの暖房方法も検討しましょう。

 特に、『温度のバリアフリー』は図面だけでは見当がつかないもの。省エネ住宅/エコ住宅などと呼ばれる、断熱・気密性能が高い住宅の場合、真冬でも室内の温度差が数℃というのが当たり前ですが、現在の基準と比較して断熱・気密性が良くないといわれる築年数が経過した住宅の場合、真冬の温度差が20℃以上というのも当たりまえ。

 室内段差の解消とあわせて、室内の温度差をできるかぎり縮める断熱や暖房方法の検討も、とても優先順位が高い項目。リフォームを検討するときこそ、室内の温度差を縮めるための断熱改修も優先順位をあげて検討すべき内容のひとつなのです。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。