無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 家づくりの儀式で係るお金について

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社家づくりの儀式で係るお金について

家づくりの儀式で係るお金について

 次に、家づくりの儀式で係るお金について解説しましょう。

 ほとんどの現場で行われるのが『地鎮祭』。土地の神を鎮め、工事の安全を祈願するもので、着工前の吉日を選んで行います。
 地鎮祭の流れは地方や神社によって大きく異なりますが、神主への謝礼、お供え物などの費用がかかります。神主には『御初穂料』という表書きで1~5万円程度を包みますが、地域の相場もあるので、事前に施工会社の担当者に確認しておくと良いでしょう。また、地鎮祭で使う道具類、お供えは2~3万円程度です。

 建て方が終わり、建物の最上に配された棟木(むねぎ)を上げたあとに行う『上棟式』。『上棟式』とは職人さんをねぎらうもので、棟梁が中心になって進めます。最近では『上棟式』を行わない場合や、現場での宴会などは省いて簡単にすませる場合が多いようですが、職人さんへのねぎらいとして『上棟式』を開催する現場もあります。
 上棟式では、工事関係者のご祝儀、飲食・手みやげ代などがかかります。
 ご祝儀は、棟梁や現場責任者、設計士などには1万円程度。その他の職人さんたちには5,000円程度をご祝儀袋に入れて『ご祝儀』として手渡します。現場での宴会を省く場合、手みやげとして一人あたり2,000円程度の弁当や酒などを用意することもあります。

 『地鎮祭』はともあれ、最近は『上棟式』を行わない現場も確かに増えてはおりますが、自分たちの家を建てている職人さんたちをねぎらう気持ちのひとつとして、『上棟式』を開催することで、現場監督や職人さんたちとの人間関係がしっかりできることが多いようです。あいさつ廻りや儀式ににかかる予定の確保やお金の関係などで、家づくりに関するおつきあいや儀式は、かんたんに済ませがちになりがちですが、これからのことを考えるとできれば、家づくりに関するおつきあいや儀式は大切にしたほうが良いでしょう。

 上棟式後や入居後にずっとつづく近隣や施工会社との《あとあとの関係》が、ほんとうにしっくりくるようになりますよ。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。