無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 庭があって初めて夫婦の「家庭」?!~夫婦の家

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 庭があって初めて夫婦の「家庭」?!~夫婦の家

庭があって初めて夫婦の「家庭」?!~夫婦の家

 桜の咲く季節になるとなぜか落ち着きません。桜がいつ開花するか、いつ満開になるか?はたして天気は?と、真剣に見計らって花見の日取りを決め、宴会の予約をしたり、場所取りの心配をしたりするのです。

 私の事務所の花見ももちろんのこと、友人や私が所属するロータリークラブや学会のメンバーなどの花見や観桜会などなどと気忙しいのです。この桜が咲くわずかな間に最も美しい満開の日と場所を真剣に探すのです。
まさにわが家系は代々花見と花火男の傾向があるようで、私の祖父や親父の好きな詩も「散る桜 残る桜も 散る桜」で、一瞬に華やかに輝き散る桜や花火にとりつかれた様に惹かれるのです。
 とにかくこの桜の咲く季節は落ち着かず見逃したときには箱根の山に行ったり、ついには秋田の角館や北海道は函館にまで桜を追っかけて行ったりもするのです。

311以降やっと咲いた上野の桜
■写真左:311以降やっと咲いた桜にむなしさが・・・ ■写真右:今年の嵐の中で咲く桜高輪プリンス(天野彰)

 そんな私を最近桜は惑わしています。特にあの311の東日本大震災以来、その花見好き男に異変が生じているのです。
あの震災直後の上野の花のためらいと、被災地に咲く桜はむなしく、いつになく白々しく感じたものです。その後の年も咲き誇る桜に何故か寂しささえ感じるのです。そしてまた今年も異常気象と内外の不安定な世情の嵐の中で立派に咲き誇る桜に元気づけられたものです。

 この季節は家の外の庭に目が行きます。
猫の額のような小さな庭にもベランダにも、近隣の小公園にも季節の花が咲き、その芳香が漂い、わくわくして来るのです。
 家づくりでも庭に目を向け、園芸雑誌や庭づくりの本を買い込み、夫婦で植えたい木や植物を選ぶ楽しみとなります。ハナミズキ、シャラ、ドウダンツツジ・・・どの木も芽を吹き花が咲きそして紅葉を楽しめるのです。妻は
 「この木を玄関に植えましょう。春になると薄紅のきれいな花が咲くわよ」と、
 夫はジンチョウゲ(沈丁花)とクチナシ(梔子)を選び、
 「どちらも花の香りがいい。ジンチョウゲは春、クチナシは夏に咲く」などと・・・、
 マンション暮らしで忘れていた幼いころに住んでいた互いの家の庭の懐かしい季節の香りを思い出すのもこの季節です。

夫婦が生を感じ共に生きていることを実感できる庭
■写真左:中庭に夫婦の植樹 Y様邸 ■写真右:デッキの植栽 K様邸(天野彰)

 例え密集地での中庭でもマンションのベランダでも室内であろうとも鉢植えの植物で季節感を出し家庭菜園をも楽しむのです。次第に夫婦の好みの「庭」が出来上がって行き、子どものようにすくすくと育っていく苗に励まされ元気いっぱいとなるのです。まだ子どもの居ない夫婦にも、すでに子どもたちが巣立って行ってしまった夫婦にも生を感じ共に生きていることを実感できるのです。

 家づくりは「家」だけでなく「庭」にもこだわりを持って初めて、夫婦の家の「家庭」となるのです。そしてその庭は思い出の庭となっていつまでも家族と共に生き続けるのです。

こだわりのイングリッシュガーデン
■写真:割り石と枕木のイングリッシュガーデン W様邸(天野彰)

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表