キャッシュバックキャンペーン

掲載情報件数

完成事例 1486 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 建物を巨大地震から守る構造 ~制震・免震構造

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社建物を巨大地震から守る構造 ~制震・免震構造

建物を巨大地震から守る構造 ~制震・免震構造

地震に備える建物の構造として、「耐震構造」「制震構造」「免震構造」があります。前回は「耐震構造」について説明しました。今回は「制震構造」「免震構造」についてお話しします。
まずは【制震構造】について。

大地震から建物を守る制震・免震構造

■制震構造とは

建物の構造にゴム、バネ、ダンパーといった制震部材を設置することで、地震の揺れによる建物のダメージを抑える方法です。耐震構造に比べて揺れを20%程度減らすことが可能です。

新築時に制震装置を導入した場合、おおむね50~100万円程度の追加で済みますが、地震保険割引は、耐震住宅と同じ【建築年割引】対象になります。

■制震構造のメリット・デメリット

《メリット》
・建物自体の変形・損傷を防ぐのに効果的
制震部材が揺れに追従して地震のエネルギーを吸収し別のエネルギーに変え揺れを少なくするため、建物自体の変形・損傷を比較的すくなくする効果があります。

・耐震構造と同じように、地盤の制約は少ない
地盤の制約が少なく、地下室などをつくる際も制約を受けることがないので、最近では新築住宅やビル・マンションでも多く採用されるようになってきました。

《デメリット》
・構造上、地盤からの揺れは防ぐことはできない
耐震構造よりは揺れにくくなりますが、免震構造より揺れる。

・既存住宅では、期待した効果が発揮されない可能性も
制震構造で建てた建物は、制震装置によって発生する力を受け止めて逃がす構造になっています。そのため、地震による破損は最小限に抑えることが可能。

ただし、普通の壁の構造のまま制震装置を導入しても、制震装置により発生する力を、装置を取付けた壁で逃がす構造になっていないため、制震装置が作動するまえに建物が破壊されてしまう可能性があります。
そのため、リフォームで制震装置を設置する場合は耐震補強より、まずしっかりした耐震構造に補強することをおすすめいたします。耐震構造の方が、比較的安価に済むのもポイントです。

つぎに、【免震構造】について。
■免震構造とは

建物の土台と地盤の間に積層ゴムなどの免震装置を設置することで、地盤の揺れを建物に伝えにくくする方法です。揺れを軽減するのに最適な免震構造は、建物の変形・損傷、建物内の被害が大幅に低減されるため注目を集めています。
身近な例では、東京駅 丸の内駅舎は免震建築物になっています。

■免震構造のメリット・デメリット

《メリット》
・揺れを軽減する
建物が地盤の揺れに対して反作用で移動(地震の揺れに共振しない)するため、建物自体の揺れが耐震・制震に比べ3分の1程度に軽減されます。

□地震保険の【免震建築物割引】が適用
耐震等級3と同じく地震保険料が50%割引になります。

《デメリット》
□免震工事にかかる莫大な費用
免震建築物にするには、一般的な2階建住宅でも、坪あたり最低10万円以上の追加費用がかかります。大よそ、300万円程から費用がかかるものとお考えください。

□基礎や地盤などいろいろな制約条件がある
基礎や地盤の制約が大きく、特に土地自体の狭い物件への導入は難しい場合もあります。
その他に、台風などの強風で建物が揺れてしまう、地下室をつくることが非常に難しい、振動で建物が動くためエアコンの室外機は壁から離して設置しなければならない、など金額以外に様々な配慮が必要となります。

いつ、どこで起こるかわからない巨大地震。
各構造のメリット・デメリットをきちんと理解し、地震に備えることをおすすめいたします。

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。