無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 家庭用エアコンの普及率は、なんと約85%

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社家庭用エアコンの普及率は、なんと約85%

<家庭用エアコンの普及率は、なんと約85%~住宅時事>

今年は、かつてなく厳しい残暑が続いていますね。

さて、インターネットコムとgoo リサーチが8月13日に発表した「第6回:家電に関する定期調査」で
興味深いレポートが掲載されていました。

今回の調査対象は全国10代~60代以上のインターネットユーザー1,041人。
男女比は男性52.8%、女性47.2%。年齢別は10代16.2%、20代18.0%、
30代21.2%、40代16.2%、50代15.9%、60代以上12.4%。

その結果、「冷蔵庫・冷凍庫」95.2%(991人)、「洗濯機」94.4%(983人)、
「電子レンジ・オーブンレンジ」92.2%(960人)、「掃除機」91.8%(956人)の順で、
「エアコン」84.8%(883人)は5位でした。
また、直近1か月間に購入した製品すべてを答えてもらったところ、「地デジ対応テレビ」6.2%(65人)、
「ノートパソコン」3.0%(31人)、「エアコン」2.5%(26人)、「冷蔵庫・冷凍庫」2.3%(24人)の
順となっています。

つまり、84.8%(883人)のユーザーが「エアコン」を所有しており、883人のうちの26人、
2.9%が、最近買い換えたことになります。
この所有率は非常に高いと考えても差し支えないか、と思います。

また、全回答者に対して、「エアコン」を今年の夏以降年内に購入する予定が
あるかどうかの設問もありました。
その結果、5.0%(52人)が「すでに購入」、3.9%(41人)が「これから購入する」と回答。
ちなみに、「壊れたら購入する」は18.3%(191人)。

エアコンの省エネ性能は、10年以上前と比較して格段の進歩を遂げています。
また、住宅性能(気密・断熱)の向上に伴い、逆にエアコンを断続運転させた方が
かえって消費電力が増える可能性が高いこともあります。
(私自身が高気密・高断熱住宅で数ヶ月にわたって調査したところ、断続運転の方が
明らかに電気料金が高かったのです) ※もちろん各々の住宅性能によっては、連続運転によって電気料金が上がる可能性もあります。

なにより、首都圏での今年の夏はエアコンなしでは熱中症にかかる可能性が高くなるほどの猛暑。
ましてや加齢とともに暑さへの感覚が鈍くなることが、本人の自覚なく重度の熱中症にかかる危険性
をも示唆しています。

そういった意味では、加齢とともに住宅の断熱・気密性能を向上させる工事とあわせて
家庭用エアコンを更新し、可能であれば連続運転で室内の温度を下げることが、
夏場の健康維持にあたってより良い方法である、と想定できるわけです。

住宅エコポイント制度を上手に活用し、お住まいの家の断熱・気密性能を向上させ、
あわせて家庭用エアコンも更新してしまうのが、現時点で最もおトクで快適な住まい方なのではないか、
と、考えています。
逆にいえば、室内の温熱環境対策を考えていかないと熱中症や循環器系疾患、脳疾患を発症する
可能性が否定できなくなりつつあることも、リフォームを計画する時にあわせて考えなければ
いけない時代になってきたのかもしれません。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。