断熱性能が高い住宅は健康維持で工事代金の回収ができる|注文住宅のハウスネットギャラリー

無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1457 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 断熱性能が高い住宅は健康維持で工事代金の回収ができる

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社断熱性能が高い住宅は健康維持で工事代金の回収ができる

断熱性能が高い住宅では長期間にわたり健康が維持できるため、結果として、断熱工事のお金を回収できます。
驚きの方も多いかと思いますが、要は、ハイブリット乗用車のように、一般的な住宅との工事費差額を余裕をもって回収できる仕組みと考えられます。

早速、具体的に解説していきます。

高断熱・高気密などの性能の高い家はコストパフォーマンスも改善される

高断熱・高気密化による工事費と暖冷房費削減効果だけ比較して検討すると、工事費を回収するには普通の新築でおおよそ29年かかる所を、高断熱・高気密の住宅では16年まで減らすことができます。

 ・高断熱・高気密化工事の差額
一般的に、新築工事で100万円程度、リフォームの場合で200万円程度(平成11年省エネルギー基準 (通称「次世代省エネルギー基準」の場合)

 ・住宅の断熱・気密性能の向上による暖冷房費の削減効果
東京などの地域では、おおよそ35,000円/年(1戸あたり)

上記の工事費と暖冷房費削減効果を踏まえ、割引率を考慮せず単純に投資回収年数を試算してみます。

 *1世帯あたり年間35,000円の削減になるので、新築1世帯あたり29年、リフォームでは58年かかります。

ただし、断熱性能が向上すると、前回解説した通りアレルギー疾患やヒートショックによる疾患の発生が抑えられることが予測できます。期待できる効果は、以下の2点。
  ●暖冷房費削減効果
  ●健康維持による医療費自己負担分の削減

間接的な便益を踏まえると、

 *1世帯あたり年間62,000円の削減が見込めることから、投資回収年数は16年まで短縮されます。

あわせて、世帯所得に応じて高所得世帯は2倍の改善率、低所得世帯は0.5倍の改善率で試算した結果は以下の通りです。

 *高所得世帯は1世帯あたり年間84,000円の削減が見込めることから、投資回収年数は12年

 *低所得世帯でも1世帯あたり年間46,000円の削減が見込めることから、投資回収年数は22年

ただし、医療費は自己負担だけではなく、組合保険や社会保険、国民健康保険による医療費負担もあることから、これら社会的負担も加味して投資回収年数を試算すると、回収できる期間は16年から11年まで圧縮されます。
平均的な新築住宅価格からみて断熱性能向上にかかる工事費は、全体の5%未満。性能向上は高いコスパを示すと考えてもよいかと思います。

出典:日本建築学会環境系論文集 2011 年8 月
   健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価
   伊香賀 俊治,江口 里佳,村上 周三,岩前 篤,星 旦二,水石 仁,
   川久保 俊,奥村 公美

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。