無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 注文住宅「この会社に決めた理由」とは?~国交省の調査から~

住宅関連記事・ノウハウ

住宅コンサルタント 馬渕裕嘉志 注文住宅「この会社に決めた理由」とは?~国交省の調査から~

<注文住宅「この会社に決めた理由」とは?~国交省の調査から~>

さて、問題です。
国土交通省が実施した「平成20年度 住宅市場動向調査」(1121名回答)で、注文住宅を建てた人に聞いた結果、
今回の住宅(会社)に決めた理由(中古にしなかった理由)の1位から3位を選んでください。

 □一戸建てだった
 □価格が適切だったから
 □新築住宅だから
 □昔から住んでいる地域
 □立地環境
 □デザイン・広さ・設備
 □信頼できる会社だったから

皆さんは、どれを1位に挙げられましたか?

最近は、100年に一度の不況と言われているので、
「価格が適切だったから」が1位に違いないと思われたでしょうか?

しかし、その答えは次のとおりです。

今回の住宅に決めた理由

1位は、「信頼できる業者だったから」で、なんと3年連続1位です。
一方、下馬評の高い(?)「価格重視」の回答は、最下位の7位です。
しかも、2年連続3位だったのに、今回は、ランクがガタ落ちです。

これは、どう言うことなのでしょう?

相次ぐ住宅業界の「偽装」や詐欺罪で訴えられるような「大規模住宅会社の倒産」が、
消費者をして、「価格」の順位を下げ、「信頼感」を1位にしたのだろうと思われます。

そもそも、既製品を買うのではなく、数か月もの間、オーダーメイドのプロセスで付き合う
建築事業者に対しては、「信頼感」は確かに重要です。
しかし、契約する会社の選択基準のトップが「信頼」だと言うのは、住宅業界にとって、
いささか悲しいことではないか?とも思います。
たとえば、お昼のお弁当を買う際に、「ローソン」か「セブンイレブン」か「ファミリーマート」かを選ぶとき、
あるいは、自動車を買う際に、トヨタかホンダか日産にしようかと迷うとき、その判断基準に「信頼感」がトップに来るでしょうか?

住宅業界は、「高い買い物だから」と言う理由で「信頼感」が上位に来るのを普通だと捉えるのではなく、
「信頼」が1番に来る実態は、恥ずかしいことではないのか?と危機感を抱くべきだと思います。
ただ、この「信頼できるの?」を解決するには、当事者である住宅事業者では難しいかもしれません。
また、「何をもって信頼するのか?」を購入者側(生活者側)が判断するのも、難しいでしょう。
ここで、この10年間の間に、徐々に注目されるようになっているのが、 家づくり仲介の中立的な第3者機関「住生活エージェント」です。

日経ホームビルダーと言う住宅専門誌が、今年2月に
【建て主1187人レポート 私は、工務店、設計事務所、ハウスメーカーをこう選んだ】
という調査を行いましたが、そこでも、今後は、3人に1人が「仲介専門の第3者機関を通じて住宅会社を選びたい」
と言う意向を持っているという結果が出ています。
私は、こういう傾向を「住活」時代と呼びたいと思います。
「就活」「婚活」に続く、「住活」(=住宅活動、住宅取得・建築のための活動)です。

これからの住まいづくりは、まず、相談できる第3者機関に足を運ぶのが成功の秘訣!と言うことになるのではないでしょうか?

関連記事

住宅コンサルタント 馬渕裕嘉志住宅コンサルタント 馬渕裕嘉志

住宅コンサルタント 
馬渕裕嘉志

私が平成12年に、中部電力の社内ベンチャー第1号の(株)リブネットを設立し、消費者向けの住まいづくりコンサルティングサービスを始めてから、10年が経ちます。これまでの相談件数は1000件以上、建築家や住宅会社をご紹介して、お見合いを成立させたのは、400棟以上に上ります。
家づくりは、購買経験がないため、「何から始めれば良いの?」から悩む人が沢山います。建築契約をしたものの、「ほんとにこれで良かったの?」と不安になる人も多くいます。これは、住宅会社にとっても、不幸な話です。「生活者も事業者も、共に幸せになる住まいづくり文化の創造」を合言葉に、皆さまの住まいづくりの成功に全力を尽くしたいと思います。そして、子どもたちと未来のために、“良い住まいが良い家庭を育み、良い街並みと豊かな社会を創る”が私のライフワークです。