無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 狭いトイレや浴室こそ贅沢に!~サニタリーは機能優先でいいのだろうか?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 狭いトイレや浴室こそ贅沢に!~サニタリーは機能優先でいいのだろうか?

狭いトイレや浴室こそ贅沢に!~サニタリーは機能優先でいいのだろうか?

 トイレやバスルームは狭い空間ですが・・・、このトイレを“用を足す”だけの空間にしてしまわずにもっとゴージャスなサロンにするのです。狭いマンションやアパートこそ、このトイレやバスルームを広くゴージャスにすることが大切で、反対にどんなに大きな家でもこのトイレが貧弱だと、家も家族さえ貧弱に見えてしまうのです。
 しかし現実は狭いマンションだからと、バストイレも狭く玄関も狭いのです。しかもその仕上げや設備もそこそことなるのが一般的です。特に最小空間のビジネスホテルなどはその経済効率からとうんと狭くしかも安普請につくり、あの耐震構造までも偽装しようなどと言う悲しい事実もあったのです。

ゴージャスなトイレ
■イラスト:豪華トイレで快適に(画:天野彰)

 これこそとんでもない間違いです!
 同じ狭さのビジネスホテルでもトイレや浴室などの設備を広くゴージャスにするだけで宿泊費が2、3千円アップと高くなってもいつも満室となるのです。

 このことはマンションや賃貸のアパート、さらに建売り住宅などの小住宅にも同じことが言えるのです。もともと狭い玄関やバストイレはいかに大理石張りなどの豪華な仕上げにしたところで狭い空間がゆえに一戸あたりの施工費はさほど変わらないはずです。これで毎日高級ホテルのスウィートの豊かさになれるのなら安いものです。

ベンチ式思考トイレ,御影石のバスルーム
■写真左:思考のベンチ式トイレ ■写真右:御影石バストイレで豪華に I様邸(天野彰)

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表