無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「場取り」のLDKプランニング~IT社会では「間」ではなく「場」

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「場取り」のLDKプランニング~IT社会では「間」ではなく「場」

「場取り」のLDKプランニング~IT社会では「間」ではなく「場」

 家族を各「個」と考えるとその「個」と「個」の間に生まれる空間こそがまさしくメディア的空間、媒体的空間となりそこが家族みんなの居場所となります。
 そこは決まった形があって何かをする部屋でもなくたまたまコーチやテレビや飾り棚そのほかオーディオやピアノなどが置かれているホテルのロビーやラウンジのようなもの?で、そこに面してキッチンセットやバストイレなどの設備が配されているのです。
 そこでコーヒーや料理が出てくればティールームでありダイニングであり、風呂に入ればリラクゼーションのコーナーとなり、映像や音楽が流れればオーディオシアターとなるのです。

もとのLD+キッチン
■写真1:もとの壁で仕切られたキッチンと廊下(天野彰)

 もともと私の住まいの設計手法は住む家族それぞれの「場」と「時」を最優先して考えるのです。忙しい現代社会の住まいは得てして家族が帰ってきて食べて寝て暮らすだけのものになりがちです。しかもリビングはおろかダイニングに家族みんなが集まるなどと言うチャンスもあまりないのです。
 もし家族がまれに一堂に集まったとしても彼らは勝手気ままにモバイルやスマホで外部(社会)と交信しそれぞれにモバイルで社会とネットワークを持ち団らんの時間でも勝手に外部とつながっているのです。
 現代社会ではリビングやダイニングなどは食うところ居るところで、家族は他のメディアをそれぞれ楽しみ意識は拡散した空間となっているのです。が、私はあえてそここそを“家族のメディア的空間”とし、まさしく家族間の情報あるいは表情を“交流する”「場」とするのです。
私はこれをあえて“すれ違いの空間”a life without talkingと位置付けて通り道のように設計するのです。
 そんな瞬間の中で子育てはもとより、夫婦で顔を合わせ、その表情から葛藤し、喧嘩し、そして恋し、学習し、遊び、愉しみ、創造し、妄想し、歴史を刻み、先祖を祀り、さらに老いて余生を活きるのです。いずれ病に伏しても、社会そして家族とは交流し生を全うするのです。

もとのLD+キッチン
■イラスト1:LDKを廊下と一体に キッチンを通らないと個室に行けない ■イラスト2:キッチンテーブルを通らないと二階に行けないメディア空間(画:天野彰)

 住まいはその「時」と「場」の移ろいが大切だと思うのです。
そんな家こそ長く住まいやすく、また家族も家も長持ちする家となるのです。イラストと写真はLDKと言うリビングだった部屋の壁を解体し、廊下と一体にして通り道にして大型のダイニングテーブルキッチンしたものです。ここで家族は勝手にコーヒーを入れたり食事をしたり宿題をするのです。

 ここで生まれる会話や議論は大いに集中力のあるものとなるのです。

工夫しだいで、家族も家も長持ちするLDKとなるのです
■写真2:メディア的テーブル空間でのホームパーティーもできる ■イラスト3:装置が組み込まれ書斎や仕事場にもなる(画:天野彰)

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表