無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. ライフプラン
  4. 72の法則~住宅ローン以外の金利にも注目しよう!~

住宅関連記事・ノウハウ

ファイナンシャルプランナー 平野 直子 FPオフィス Life & Financial Clinic72の法則~住宅ローン以外の金利にも注目しよう!~

<72の法則~住宅ローン以外の金利にも注目しよう!~>

皆さんは、住宅ローンを組む時、金利が少しでも低いところを探すのではないでしょうか。
何千万円、何百万円というまとまった金額を長期間借りるのですから、
たとえ0.01%でも低い方がいいのは当然のことだと思います。

では、ここで質問です。
皆さんは、預貯金はどのように預けていらっしゃいますか?

普通預金、ゆうちょ銀行の貯金、定期預金・・・中にはタンス預金という方もいらっしゃいます。
今の普通預金の金利は0.04%、定期預金でも、300万円未満、1年~3年定期で0.25%です。(三菱東京UFJ銀行 2009年5月現在)
う~ん、住宅ローン金利の10分の1以下なんですね・・・
ここで金利に関するある法則をご紹介しましょう。

「72の法則」:金利(%)×年数=72

この公式で、もとのお金を2倍にするために何年かかるかを求めることができます。
例えば、100万円を2倍にするために3%で運用したら:72÷3(%)=24年
1%で運用したら:72÷1(%)=72年 かかることになります。

バブルといわれた1980年代は、預金金利も3%を超えているものが多くありました。
郵便局の定額貯金などは、半年複利で実質8%を超えるような時期もあったのです。
8%だったら、72÷8%=9年。
定額貯金が最長預入期間10年の満期を迎える時には、預けたお金がほぼ倍になって返ってきたのですね。
ちょうど団塊の世代といわれる方々がマイホームを持つ頃でしょうか。
お給料も右肩上がりに上がっていましたので、一生懸命働いて貯金をしていれば、
夫1人の収入でもマイホームを持ちながら十分家族を養っていけたと思います。

でも、今はどうでしょうか。将来の収入は大変不透明な時代です。
家計のプラスにしたい預金の利息・・・。普通預金等に預けたままでいいのでしょうか?

(ちなみに、元のお金が倍になるまでには、
普通預金0.04%の場合、72÷0.04%=1,800年、
定期預金0.25%の場合、72÷0.25%=288年 かかります!)

住宅ローンと同じように、預けるお金の金利にも注目してみませんか?
マイホームだけでなく、その他の夢も実現して幸せな人生を暮らせるように、
ライフプランとマネープランを立ててみましょう!

関連記事

ファイナンシャルプランナー 平野 直子ファイナンシャルプランナー 平野 直子

ファイナンシャルプランナー 
平野 直子
FPオフィス Life & Financial Clinic

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの平野直子と申します。
住まいを建てる際、まずは設計図を作ると思います。家づくりの基本となる設計図には、ご家族構成やライフスタイル、どのような暮らしをしたいのかなど、お客様の夢がぎっしり詰まっていることでしょう。
私たちファイナンシャル・プランナーが作る「ライフプラン」は、人生の設計図です。お客様とご家族の現状や、将来どのような暮らしをしたいのかなどを伺いながら、住宅資金、教育資金、老後の暮らし方など人生全体を見渡して、生涯貯蓄が尽きることなく安心して暮らせるためのアドバイスをいたします。ご夫婦で相談にいらっしゃるお客様には、私たちも夫婦FPで面談させていただきます。ご主人の立場、奥様の立場にたってアドバイスをすることができますので、大変好評をいただいております。どうぞお気軽にご相談ください。