無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「狭い」の反対は「広い」です。では「狭苦しい」の反対は?~狭楽しく住む(1)

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「狭い」の反対は「広い」です。では「狭苦しい」の反対は?~狭楽しく住む(1)

「狭い」の反対は「広い」です。では「狭苦しい」の反対は?~狭楽しく住む(1)

 大方の人は「だだっ広い」と答えます! が、本当でしょうか?
 都市の家は狭く、高いのです。なぜなら利便性が良いからです。職もあります。だから人は都市に集中するのです。こうして人口密度が高くなればなるほど比例して都市の家は狭く高くなるのです。そこに家族が増えれば「狭い」ばかりか「狭苦しく」もなるのです。
 どうせ「狭く」「狭苦しい」のならその「苦」を取り去り「楽」にすればいいのです。さらに「楽」どころかもっと「楽しく」するのです。

 そうです!「狭苦しい」の反対は「狭“楽”しい」のです!

 その「狭楽しさ」を追求してはや40年が経ちます。私が最初に刊行した著書も『狭楽しく住む法』だったのです。それはまさしく小さな中古の2LDKを購入したことに起因します。長男が誕生し続いてもう一人が生まれることになったからです。運よく一階の小さな庭付き(ベランダだが土だった)が買えて子犬を飼うこともできました。
ところが・・・なんと2LDKとは名ばかりで確かに6畳間が2部屋あったもののLDKはまさしく大きなKで料理をすれば音も匂いもすべて台所!おまけに玄関からすべてが丸見えで、水回りもバスの中にトイレさらには洗濯機はその土間に置くありさまだったのです。これがマンションか?と愕然としたものです。

 そこで、家内がお産のために実家に帰った間にこのどうしょうもない2LDKを快適にリフォーム?してやろうと決意したのです。当時がリフォームなどと言う言葉もなく増改築とか改装などと言っていたのだが・・・、まさしく金もなく時間もなく出来たことはその改装でした。
 その大きな手段があの大きなKをLとDKに分断することでした。そのテクニックこそ私がかねてより構想していた“収納ロボット”だったのです。まさしくこのロボット、単なる壁収納のようなのですが、さにあらず。DK側のすべての収納とリビング側のすべてを収納し、おまけに私の書斎?(のちのオヤジデスク)まで収納されていたのです。

 その詳細はまた次回に・・・。

LをL+DKに分ける
■私の住まいのLDKの真ん中に収納ロボットスケッチ右が玄関手前がリビング。ガラリの中がDK(画:天野彰)

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表