無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 自ら守るセルフディフェンスの家づくり

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 自ら守るセルフディフェンスの家づくり

自ら守るセルフディフェンスの家づくり

 関東大震災から72年後の1995年1月17日午前5時 46分、兵庫県南部にマグニチュード7級の大地震が発生しました。阪神淡路大震災です。
 震源は淡路島北 部で、深さわずか14キロの直下型地震でした。神戸市、西宮市、芦屋市など前代未聞の震度7を記録しました。
 この揺れのため高速道路の高架橋の36ミリもある鉄筋がブチブチと切れ、無残に倒れ、山陽新幹線・JR 線・阪神・阪急などの鉄道網が寸断し、長田地区で発生した火災は水道が止まって消火できず、多くの家屋が焼失 !したのです。

阪神大震

災で壊れた家々
<写真1:阪神大震災で壊れた家々(天野写真)>

 亡くなった人は6400人を超 え、残酷にも家具等にはさまれ生きながら焼死された人も多かったのです。その後いろいろな調査が行われ、同じ マグニチュードにもかかわらず揺れに大きな較差があったことが判明したのです。

 いわば山と沿岸部との 間の僅かな陸に細長く発達した沖積層の上の特徴的な揺れの震災で、波動が山に当たり沿岸部の軟らかい層をダブ ルで共鳴させたのです。しかも人口が集中するこうした繁華街に限って、発表された震度をはるかに上回る、突き 上げるような縦揺れと、増幅した横揺れに晒されるのです。
 山間部の被害に比べて沿岸部は揺れが大きく複 雑な揺れとなり、液状化現象も起こり、街はまるで砂上の楼閣のような被害を受けるのです。これは全国の都市も 、造成団地でも言えることで、イラストの断面図のように山から沖積層(埋立地)ではその揺れや危険度は格段に上 回るのです。

地形によっ

て揺れ方が違う
<イラスト1:地形によって揺れ方が違う(天野画)>

 新年の穏やかな夜明けに突 如震撼とさせたあの直下型大地震から、あっと言う間に20年が経ちました。そして大津波の生々しい惨劇を引き起 こした東日本大震災からも4年が経ちました。
 悲しいことは、あの東日本大震災と原発事故のダブルパンチ で民主、自民ともが、急きょ災害対策のためと称し、消費税を上げるのは当然、とばかりの感覚でいたことです。 結果、人々は政治に失望し、政権は崩壊し、この先の生活や地震に不安を抱きながらも、老後を助けてくれるはず の家に思い切った“投資”もできずにいるのです。家づくりやリフォームは、生きるため、いや、もっと“活きる 意識”の結晶です。

 さあ、今こそこの考えで、リフォームの際、壁を剥がした時に筋交いを入れ、ベニヤ 板で補強するだけで数倍強化することができるのです。僅か200万、300万円のちょっとした耐震強化です。まさに これこそ“家への投資”で、老後に安心な「セルフディフェンスの家」となり、町が、そして国が強化されるので す。
 さらに思い切って家の半分を処分してイラストのような外殻が分厚いコンクリートで、中は無垢の木の 、地震や火災、さらには津波にも強く、しかも快適な家をつくるのです。さらに頑張って貸しスペースのある家に すれば長い老後の糧にもなるのです。

外殻はコンクリート、内部は木のセルフディフェンスの家
<イラスト2:外殻はコンクリート 、内部は木のセルフディフェンスの家(筆者画)>

 まさしく「セルフディフェンス」とは、生活と人生を自 身で守ることです。明日、いや今日来るかもしれない巨大地震。わが日本列島が乗っているプレートも政権も大き な船のようであり、しかも大きなストレス(ひずみ)が溜まっているのです。

 いよいよこのコラムも10 0回を数えるほどになります。その記念に、拙著「地震に勝つ家負ける家」(山海堂)を5名の方にお贈りいたします 。この本は20年前の阪神大震災の生々しい惨状を見て書き下ろし、2か月後の3月20日に店頭に並んだものです。

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

天野彰・著書『地震に勝つ家負ける家

』

 *********************************************************

  ★天野彰 先生の著書 先着5名様にプレゼント!
  『地震に勝つ家負ける家』(山海堂)
  お申し込みは下記の【お問合せ】よりどうぞ♪

   *********************************************************

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表