無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 家づくりにかかわる税金
  4. 土地の時価

住宅関連記事・ノウハウ

税理士 後藤 文 東京メトロポリタン税理士法人土地の時価

土地の時価

Q このたび相続税の申告をすることになり、申告作業を税理士に依頼しています。
  先日、申告についての報告があり、財産の評価や申告についての説明を受けました。
  また、相続した土地の売却作業も合わせて進めており、業者の査定を受けたところ、
  税理士から説明を受けた評価よりかなり低いものとなっていました。
  これはどのような理由からでしょうか。


A 相続税の評価は、相続税法に基づく評価方法による価格であり、業者の査定は、
  市場において成立している価格、いわゆるマーケットプライスであるため、
  差額が生ずることがあります。

  不動産の評価については、目的ごとにいくつかの評価方法があります。
  なかでも、土地については異なる4つの価格があり、一般的に「一物四価」といった
  表現がされます。

 (1)実勢価格
   市場において現実に成立した価格になります。
   正常な価格になりますが、売り手・買い手の状況や特殊事情も含んだ価格になります。

 (2)公示価格    国土交通省が公示する標準値の価格になります。
   標準値として定められた地点について、不動産鑑定士が評価を行い算定した時価で、
   毎年3月下旬に公示されます。

 (3)相続税評価額
   相続税や贈与税を計算する際に用いる価格になります。
   土地については、通常は路線価評価という方式を用いることになります。
   この方法では、道路ごとに定められた1m2あたりの単価に、地積を乗じて計算していきます。

 (4)固定資産税評価額
   固定資産税などの税金を計算する際に基準として用いる価格です。
   固定資産税評価額は、市町村が決定し、3年ごとに評価替えが行われます。

  目的ごとに使い分けることになりますので、どの価格も正しい時価になります。
  一般的な目安として、同じ土地について評価すると、

   公示価格     100%
   相続税評価額    80%
   固定資産税評価額  70%

  程度の評価額になります。実勢価格は公示価格に近い数字となる場合が多いですが、
  個別の事情を含みますので、場合によっては相続税評価額よりも低い数値になる場合もあります。

  相続税の申告も行ったとのことですが、実勢価格と相続税評価額の差額があまりに
  大きい場合には、実勢価格を用いて相続税の申告を行っているケースもあります。
  ただし、そのような場合は不動産鑑定士の評価を入れるなど、かなり専門的な知識を
  要する作業となりますので、専門家等にご相談のうえでご検討ください。 

  ────────────────────────────────
  ※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
   詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。
  ────────────────────────────────

関連記事

税理士 後藤 文税理士 後藤 文

税理士 
後藤 文
東京メトロポリタン税理士法人

「難しいことを簡単にお伝えしたい!」会計人としての永遠のテーマです。
平成15年に入所。その後出産を経て、仕事に復帰。現在は自宅・職場・保育園の3地点を巡回しております。
今は資産税を体得すべく、挑戦の日々です。誠心誠意で頑張ります。