無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 家相の基本ルール

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 家相の基本ルール

家相の基本ルール

 結果、近代建築云々の私はたちまち家相信奉者?となっていたのです。以来旧家屋解体後の新築時にはそんな私の轍を踏まないよう、必ずこうした古井戸や池の跡などをしっかりと探るよう努めているのです。

 このようにわが身に何かが起こり弱気になった途端に「家相」はあるのです。家相に全く興味のなかった人も、時に不幸に見舞われたり病気になったりして、私のように親戚や友人に何か言われると突然、まさかと思いつつも「家相」が気になりだすのはありがちですが、こんなきっかけから家を建て替えようとしたり、リフォームをしようと言う人も多いのです。若くして建てた自慢の住みよい家もこうした、えも言われないルール?によって老いてから人に指摘された途端にその家が気に入らなくなってしまう人もいるのです。

 こうして、もともと家相が気になる人にとっては「家相」はとても大きな影響力を持っていて、その設計上も大きな支障となることも多いのです。結果、家族が住みやすい家よりも“家相のための家”となることもあり注意が必要です。

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表