無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. インテリア
  4. システム収納のメリット・デメリット

住宅関連記事・ノウハウ

CUCINA東京ショールーム代表 陣内伸樹 株式会社 モーリコーポレーションシステム収納のメリット・デメリット

<システム収納のメリット・デメリット>

“システム収納”は、先に述べた置き家具と造作家具のいわば中間的存在で、両方の利点を合わせ持ち、欠点を補っている収納です。
そして新築やリフォーム計画の際、造作収納と同じく建物の間取りを決定する際に合わせて収納部を計画することが多いです。建物と一体化させるのでコーディネーターや設計士の方、またはシステム収納メーカーからの提案が不可欠となります。
一般的には下記のような特徴がありますので、確認した上でやはり「どのような使い方をしたいか」「どのように見せたいか」などを提案して頂く方へ詳しく伝えることが非常に重要になります。

~システム収納のメリット・デメリット~

システム収納のメリット システム収納のデメリット
・ライフスタイルの変化に伴い、利用目的の変化に対応できる。(専任の工事が必要な場合有り。)
・比較的素材のバリエーションが多く価格の設定幅が広いため幅広い用途に利用可能。
・パーツの組合せによりいろいろな間取りや寸法に対応可能。
・建物に作り付けるため、耐震性が高い。
・規格化により材料費など削減し低コストを実現。
・各メーカーショールームにて実物を見てイメージしやすい。
・システムに合わない場合調整材での調整が必要。(メーカーによっては規格外の特注製作も可能。)
・特注の場合コストが大幅に上がってしまうことがある。

~システム収納の種類~

●パネルタイプ
規格化されたパネルやパーツを組み合わせて構成されています。縦・横のパネル材とその他パーツの組合せであらゆる間取りや使用目的に対応できる。ボックスタイプと違い、収納内部の中仕切り板が二重になることが無く、全体で一つの家具のようにスッキリとすると共に無駄な材料やスペースを使うことなく高い収納力を実現できます。
●ポール式タイプ
上部を壁面に固定したポールを軸とした収納です。サイドポールを上部で壁面に固定し、ポールの間に棚板などのパーツをはめ込んでいく構成となります。デザインで見せるための収納から、ウォークインクローゼット内部の収納まで幅広くご利用頂けます。
●ボックスタイプ
キャビネット(箱型収納)で構成された収納です。キャビネットと扉材の組合せで多彩なデザインに対応できます。

関連記事

CUCINA東京ショールーム代表 陣内伸樹CUCINA東京ショールーム代表 陣内伸樹

CUCINA東京ショールーム代表 
陣内伸樹
株式会社 モーリコーポレーション

インテリアの世界に入ったのは、結婚がキッカケだったのですが、いいものを大切にずっと使い続ける。そんな考え方に僕自身、少しずつ変わりました、キッチンも家具もそして身の回りのものも・・今着ている洋服も5年くらい着てるかなぁ」落ち着いたお洒落なジャケットは、5年たった今も素敵なまま。「あっでも体系が変わっちゃたら買い換えなくちゃいけないか(笑) あなたのお家に置くキッチンや家具も次の世代に渡せるほどずっと愛用して使っていきたいですよね。