無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 相続税対策に?!【賃貸併用住宅】~賃貸併用住宅のメリット

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社相続税対策に?!【賃貸併用住宅】~賃貸併用住宅のメリット

相続税対策に?!【賃貸併用住宅】~賃貸併用住宅のメリット

 今回は、賃貸併用住宅のメリットについてご紹介します。

 □最大のメリットは《家賃収入》
 賃貸併用住宅の最大のメリットは《家賃収入》を得られることにつきます。
 一昔前のように、土地を所有することで価値が上がっていくということを期待することばできず、土地を活用して収益を生み出さなければ課税や維持管理費用がかさむばかりになってしまいます。
 かといって、大きな収益を期待できる人気の場所に大きな土地を所有していない場合、大きな収益は期待できないかわり安定した収益を期待できる賃貸併用住宅にして月々安定した収入を得ることが、資産を増やし生活を安定させる方法のひとつなのです。

 □住宅ローンの負担を軽減
 前回の記事で解説した通り、生涯支出の約4分の1を占める住居費。
 たとえば自宅を建てた場合は住宅ローンの支出がその大半を占めます。賃貸併用住宅によって家賃収入を得ることで、住宅ローンの負担を減らすことができます。家賃収入で住宅ローンのほとんどをまかなうことができれば家計収支はだいぶ楽になるでしょう。

 □将来のライフスタイル変化にも対応
 たとえば二世帯住宅を建てるとき、将来賃貸住宅として活用できるようにしておくことで、将来にわたって土地を効率よく使うことができます。
 また、建てた後しばらくは賃貸住宅として使って、遠くない将来に二世帯住宅として活用することもできるのです。このように、将来のライフスタイルの変化にあわせやすいのも賃貸併用住宅のメリットのひとつです。

 □敷地・ライフスタイルにあった最適なプランが検討できる
 大家族で暮らしていた住まいが古くなった、広すぎるなどの理由で建て替えを検討する場合、現在の家族構成に添った広さに小さくする場合が多いようです。このような場合でも、自宅を小さくする分を賃貸住宅にすることもできるのです。

賃貸併用住宅のメリットは以上のようなことがあげられます。
 メリットを上手に活用して賃貸併用住宅を建てられることをおすすめします。

高齢でも安心の賃貸併用住宅、ちょっとした工夫で賃貸に見えない快適空間を実現しました。
■左:82歳 賃貸併用住宅建てました!(施工:パナホーム) 右:ペットと暮らす都市型3階建て賃貸併用住宅(施工:大和ハウス

 ★毎週金曜日「相続税対策に?!【賃貸併用住宅】【二世帯住宅】」最新コラム連載中 お楽しみに♪

 ★「相続税について詳しく知りたい」等疑問・質問は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

 アイディア満載の【賃貸併用住宅】をご覧になりたい方はこちら
 暮らしの工夫で快適に【二世帯住宅】をご覧になりたい方は こちら

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。