無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 不動産の知識
  4. 建築基準法上の道路の種類

住宅関連記事・ノウハウ

土地家屋調査士 斎藤 良一 ネクスト・アイズ株式会社建築基準法上の道路の種類

<建築基準法上の道路の種類>

Q:「道路」には、いろいろな種類があると聞きます。
どういう種類がありますか。またそれが建築上どのような影響を与えますか。

A:法律によっても道路の定義はまちまちなのですが、ここでは建築に絞って「建築基準法上の道路」について説明しましょう。
建築基準法42条では次のものを「建築基準法上の道路」と規定しています。
建築するには、敷地がこの「建築基準法上の道路」に接道していることが必要ですから、とても重要な意味を持った道路なのです。ですから土地を購入する場合、その土地の前面道路は以下の「建築基準法上の道路」に該当しているかどうかを注意してみましょう。

【建築基準法上の道路の種類】

建築するうえで接道条件を満たす道路(建築基準法42条)

道路の種類 幅員(W) 内 容
1号道路
(建42条1項1号)
4m≦W 道路法による道路
2号道路
(建42条1項2号)
4m≦W 都市計画法、土地区画整理法などによる道路
3号道路(既存道路)
(建42条1項3号)
4m≦W 基準日(※)に現に存する4m以上の道路
計画道路
(建42条1項4号)
4m≦W 2年以内に事業決定が予定される都市計画道路で、特定行政庁が指定したもの
位置指定道路
(建42条1項5号)
4m≦W 申請人の申請に基づき、特定行政庁が位置の指定をした幅員4m以上の道
2項道路
(建42条2項)
W<4m 基準日(※)において建物が現に建ち並んでいる4m未満の道路で、将来4m幅の拡幅が可能として特定行政庁が指定した道
水平指定道路
(建42条3項)
2.7m≦W<4m 将来とも拡幅が困難な2項道路で、その道の境界線の位置を中心線から1.35m以上2m未満に緩和した道
6項道路
(建42条6項)
W<1.8m 幅員1.8m未満の2項道路(建築審査会の同意が必要)。古い城下町など民家が両側に建て込んだようなところ

※基準とは都市計画区域算入時をいう。

関連記事

土地家屋調査士 斎藤 良一土地家屋調査士 斎藤 良一

土地家屋調査士 
斎藤 良一
ネクスト・アイズ株式会社