無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 老いの居場所 同居か独居?自在プラン~ライフステージに合わせたプランづくり

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 老いの居場所 同居か独居?自在プラン~ライフステージに合わせたプランづくり

老いの居場所 同居か独居?自在プラン~ライフステージに合わせたプランづくり

 長い人生のこの先の自分とその家族を考えると、今の生活のプランがはたして老いの自分を“救ってくれるか?”が重要となってきます。子どもたちと同居するか独居するか?など大きなわが家の予測をし、どちらの間取りとなっても行けそうな“今のプラン”を並行して考え、快適な老いの暮らしの居場所を想定するのです。

 今と未来を並行して間取り考えるとはとても難しそうなのですが・・・、
 1.まずは間取りを将来変換しやすいように、いかにシンプルな間取りと構造にしておくこと。
 2.その自由な内容を包み込むような“ゆったりとした外観”?つまり今の間取りのための融通性のないデザインに凝らないこと。
 3.その可能性のある設備配管を考え、最低でも配管だけを埋め込んでおくなどです。
 以上の3点を基本に家本体のボリュームや構造を考えて躯体をつくるのです。誰もが望むことは、せっかく手に入れた自分の家で人生をまっとうできることではないでしょうか? 
 まさに最期まで住める家こそが理想の“いい家”と言えます。

老後に自在の「二世帯“含み”住宅」プラン例,今無理してでも大空間の「体育館住宅」を
■イラスト1:左・将来変更可能『二世帯”含み”住宅』プラン ■イラスト2:右・吹き抜けの「体育館住宅」(画:天野彰)

 今まで多くの家族が住む家づくりやリフォームのお手伝いをして来てつくづく思う事は、どんなに豪華でモダンな家であろうと、あっと言う間に子どもたちは育って夫婦二人だけか残された母親だけの暮らしとなり広過ぎ使いにくく住みにくくなっている家が多いのです。こんな時まさしく「同居」がその家を活性化出来ることが幸せだったと思うのです。次回以降はそんな親の本音と、もちろん子どもたちの同居思考の本音に迫ろうと思うのですが、実際にその間取りの変換の可能性を持ったプランニングと家の形とは・・・?

 イラストの間取りのように、あらかじめ階段を外から2階に直接上がれる玄関を持った階段にしておいて内側のドアAを閉めれば二世帯住宅や人にも貸せるアパートに変更が可能なのです。その際に2階のクロゼットを水回り(すでに埋め込み配管があり)としたり、あらかじめ吹き抜けにしておいた2階部分に床を張り増築、いや増スペースもできるのです。
 私はこの階段を持った間取りを「二世帯“含み”プラン」と名付け、さらに2階まで吹き抜けにした家を「体育館住宅」と名付けてライフステージの舞台づくりに役立てているのです。

 次回は上手な二世帯同居プラン「親の本音・子の本音」です。

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表