無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. (2)2世帯住宅-1)完全共用型 -b)生活分離型

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 杉浦充 JYU ARCHITECT充総合計画 一級建築士事務所(2)2世帯住宅-1)完全共用型 -b)生活分離型

<[1-b]2世帯住宅-完全共有型-生活分離型>

完全共用型の生活分離型 2世帯住宅
▲完全共用型の生活分離型 2世帯住宅▲

[1-b].生活分離型:家の諸機能(ハード)は共有するが生活のサイクル(ソフト)は分離するタイプ

一方の世帯に子供がいない、又は子供から手が離れた単身者である場合など、比較的住まう人数が少ない場合や、
仕事柄不規則で外出時間が長く世帯間の日常生活のサイクルが元々ずれている場合等、
浴室やキッチンなどの諸設備を使用する時間帯が重ならないために共有できるケースが挙げられます。

前者の場合は、単身者世帯の個室空間がもう一方の世帯から受ける生活音があまり気にならないような
空間的配慮や配置がポイントになります。
浴室や洗面室、キッチンなどの住設備機器の使用時間が重なってしまう頻度によっては、準住設備として
シャワーユニットや洗面台、ミニキッチンなどを必要に応じて増設することで、よりスムースな関係が保つことが可能です。

後者の場合でも世帯間の配慮は基本的に前者と同じですが、一方の世帯の朝が早いとか深夜に帰宅するなどの
異なる生活の時間帯による生活音に配慮して、普段在宅の多い世帯のプライベートな空間と、
共有する玄関との配置関係は特に考慮する必要があります。更に、時間帯のずれによっては調理音や匂いにも配慮が必要です。

これらの完全共有型は、公共料金や電話代などの通信費の基本料金が1世帯分で済むという利点がありますが、
支払いの割合や分担などの世帯間に生じる事項について、あらかじめルールを決めておくことも、
より円滑な関係を育むうえで重要なポイントになりそうです。

尚、次項[(2)完全分離型]に比べてデメリットである世帯間のプライバシーや生活音の問題は、
十分な部屋の配置計画の他に、防音壁や防音床などの仕様によっても緩和が可能です。
これらの具体的な仕様については、設計や構造、技術に関する内容になりますので、詳しくはご相談願います。

お母さまの寝室から一番離れた地下にある、ご主人のオーディオルーム
兼 書斎は、帰りの遅いご主人が深夜にくつろいでも迷惑にならない位置
▲お母さまの寝室から一番離れた地下にある、ご主人のオーディオルーム 兼 書斎は、帰りの遅いご主人が深夜にくつろいでも迷惑にならない位置

若夫婦のためのセカンドリビング
▲若夫婦のためのセカンドリビング

次は、2)完全分離型の2世帯住宅について

 家族揃って暮らせる夢の二世帯住宅 完成事例はコチラ

関連記事

建築家 杉浦充建築家 杉浦充

建築家 
杉浦充
JYU ARCHITECT充総合計画 一級建築士事務所

1994年 多摩美術大学 美術学部 建築科 卒
1994年~97年 ゼネコンにて施工と設計に携わる
1997年~99年 多摩美術大学 大学院 博士前期課程 修了
1999年~01年 建設会社に復職 (計8年在籍)
2002年 JYU ARCHITECT 充総合計画一級建築士事務所 開設
2010年 京都造形芸術大学 非常勤講師
『建築家は単なるデザイナーではありません。与えられた諸条件のなかで、建築主が最大限利益を得られるように、建て主の「代理人」としてコンサルティングする任務を負います。今後も設計者の目の届く範囲で一棟一棟の可能性を探りながら、質の高い適正価格建築の実現に取り組んで参ります。』
デザイン、機能性、コストなど総合的なバランス力に定評がある建築家。