無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 家づくりにかかわる税金
  4. 相続税はどの位かかるのか?

住宅関連記事・ノウハウ

税理士 須賀川 祐典 東京メトロポリタン税理士法人相続税はどの位かかるのか?

<相続税はどの位かかるのか?>

相続財産の額がわかれば、相続税の額も試算できます。
以下、相続税の計算方法を、簡単に解説します。

(1)まずは、課税遺産総額を計算します。

課税遺産総額 = 相続財産の評価額合計 - 債務・葬式費用 - 基礎控除

※ 借入金などの債務は遺産から控除することができます。また、お葬式にかかった費用(例外あり)なども控除することができます。そして、上記で解説した基礎控除を引いたのが課税遺産総額です。

(2)課税遺産総額を、法定相続分で按分します。

たとえば、先ほどの相続人3人で、課税遺産総額1億円の場合は、次のようになります。
 ・奥様     1億円×1/2(法定相続分)= 5,000万円
 ・子1人あたり 1億円×1/2×1/2(法定相続分)= 2,500万円

相続税額は、この法定相続分で計算した額に税率を乗じて計算します。

(3)相続税の総額を計算します。

相続税の税率表は、次のとおりです。

法定相続分による取得額 税率 控除額
1,000万円以下 10% --
1,000万円超 3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超 5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超 1億円以下 30% 700万円
1億円超 3億円以下 40% 1,700万円
3億円超 50% 4,700万円

先ほどの法定相続分による取得額に、上記税率を乗じます。
   ・奥様にかかる税金  5,000万円×20%-200万円 = 800万円
   ・子にかかる税金   2,500万円*15%-50万円  = 325万円  ×2人分
                   相続税の総額    1,450万円

<配偶者の税額軽減>

配偶者が取得した財産のうち、遺産総額の1/2または1億6,000万円までは、相続税がかかりません。
したがって、上記の場合、配偶者が法定相続分(1/2)を実際に取得すれば、その税金800万円は、実際にはかからないことになります。
したがって、このケースの場合の相続税は、子2人分 650万円の相続税になります。

関連記事

税理士 須賀川 祐典税理士 須賀川 祐典

税理士 
須賀川 祐典
東京メトロポリタン税理士法人

人って生活していくうえで様々なことに出会いますよね。特に不動産に関わることは、人生の一大イベントではないでしょうか。その一大イベントの時に付きまとうのは 税金ですよね。税金相談って、ことが済んでからでは遅いときがございます。何かしようとお考えになったときには事前にご相談くださればと思います。もちろん、事後でも大丈夫です。何かお手伝いできれば幸いです。