無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. マイホームで『ベットとともに暮らす』ときに考えておくこと

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社マイホームで『ベットとともに暮らす』ときに考えておくこと

マイホームで『ベットとともに暮らす』ときに考えておくこと

 今回は、マイホームで『ペットとともに暮らす』ときに考えておくことについてご紹介しましょう。
 『ペットと暮らす』にあたっては、計画段階からいろいろな配慮が必要です。

 まず、犬と暮らす場合を考えてみましょう。
 ■犬と人がいっしょに居られるようにしてあげることが大切
  リビングやダイニングをはじめとする主要な部屋には、犬が自分の場所として落ち着ける
  小さい居場所をつくりましょう。三方を囲まれた天井の低い場所を与え、自分の居場所としてしつけることで、
  怒られた時に逃げ込んだり、不安な時に落ち着くスペースともなります。

 猫と暮らす場合は、
 ■室内で運動ができる場所など必要な環境を整えることが大切
  室内で上下運動ができる場所や、不安を感じた時に隠れる場所、外の景色が眺められる場所、
  猫の草やおもちゃがある場所など、猫が必要な生活環境を整えてあげる必要があります。
  犬と違って単独行動が基本ですが、自由に外出できるようにすると、他の猫となわばりを共有することから、
  毎日自分のなわばりを点検する必要があります。
  その際、交通事故にあったり、伝染病に感染したりする
  可能性がありますので、室内飼いをおすすめします。
  なお、猫のなわばりは広さではなく質が重視されるので、室内でも問題ありません。

 次に、人とペットたちが居心地よく共存するために配慮すべきことを説明しましょう。

 ■重要なことは、人とペット、おたがいの「専有」と「共有」スペースにメリハリをつけること
  ペットたちが入ってはいけないスペースを覚えることで、ペットたちも叱られる
  ストレスが軽減できます。また、「共有」のスペースは、人間にとって快適でも
  ペットにとっては安全ではないことが大半です。
  たとえば、犬が室内で走ったり遊んだりすると、階段から転落したり床で滑って
  腰やヒザを痛めてしまうことがあります。フローリングの床や階段などは、
  カーペットを敷いたりあらかじめ滑り止め対策をしておきましょう。
  脚にからんだり噛んでしまうコード類、風で閉まってしまうドアなども危険です。

 さらに、ペットたちも小さな子どもたちと同じく、手が届くものは好奇心をくすぐる対象。薬やタバコ、アクセサリーなどは誤飲事故の原因になります。
ペットたちが簡単に触れない、開けられない収納方法も考えておきましょう。

ペットと快適に暮らす
■お互いが住みやすい環境を考慮しましょう!

 次は、『ペットとともに暮らす』第2弾 ストレス解消方法についてをお届けいたします。お楽しみに

 ★専門家による家づくり・リフォーム・住宅ローンなどの無料電話・メール相談(ネクスト・アイズ株式会社)
  》受付時間:毎週水曜日を除く午前10時~午後6時
  》ご相談電話:フリーダイヤル 0120-406-212
  》ご相談メール:こちら

 ★施工会社選定から面談時の注意点などあなたが理想の住まいを手に入れるお手伝いをいたします!
  ハウス仲人~お家らくらく紹介サービスはこちらまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。