無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 狭い国土でどう住む?(3)~合掌造りの思想

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 狭い国土でどう住む?(3)~合掌造りの思想

狭い国土でどう住む?(3)~合掌造りの思想


―狭い国土、一緒に住めば合理的?合掌造りに学ぶ―

 新国立競技場白紙撤回は現政局のタイミングとしては良さそうな決断であったように思えますが…、本質的なオリンピック関連施設やその受け入れ態勢、さらには国の選手強化支援を含め、大人の日本の成熟社会での2度目の国家プロジェクトとしての「おもてなし」レガシーとまでとなると、まさしくそのコンセプト自体がまったく見受けられないのです。
 私たち国土全体のしかも首都で行われる巨大イベントに先駆けていったい何をレガシーとはなにか?前回の設計案競技会を見てもオリンピック開催権獲得のためのPR感だけが強く、太陽光発電や環境整備など?が後付けのイメージとしての漫画で、それをそのまま実施設計へと進めた発注者の責任と姿勢のレベルが問われることと、何よりもそれを受けてそのまま設計や積算してそれが国家首脳に簡単にキャンセルされたこと自体が情けなくも現実的ではないのです。

 そのことに少しでも関係した人物や企業名、さらに第三者委員会のメンバー全員の名前を国民に広く公表し、まさしく更迭どころか費用の弁済責任が問われるべき事態なのです。
 これが現実の設計や施工業界の厳しさで、もしその名誉を回復したいのなら無償でも一からやり直すべきなのです。これが本当の「白紙撤回」の首相の発言の重さだと思うのです。

 「こんな予算に見合わない設計などキャンセルだ!」あるいは「嫌いなカタチだ!」などと突然オーナーに言われるなど、まさしくプロとして大変不名誉なことで、発注者も受けた者も第三者委員会なる委員のすべてが世界の笑いものとなっているのです。
 「なぜこうなったか!」、「こうすれば希望のカタチができる!」と言う、大人の主張も意見もなく「物価高と消費税のせい」「こんな大きなものは初めてだから…」に至っては、現実のプロ社会ではあり得ないほど情けないことなのです。

 しかし何よりも危惧されることは・・・、この無責任な首脳や組織委員会に疑念や不信感を抱き、だれも協力者が現れることなく、またアスリートをはじめとする国民全体のオリンピックへの失望感が、今後のまさしく期限のない中でどう対処できるかで、開催場所や時期、さらにはパラリンピックとの同時共催(シンボルマークまで黒に変える差別感?)まで、を含めて、今までの発想を根本から変える必要が出て来たことです。

 考えてみれば私たちは今まで環境問題?エネルギーのためと、小さな国土でありながら都市の間近に、耐久年度も知らされないまま無数の原子力発電所をつくってしまったり、狭い都市の中で、所狭しと、危険な高層マンションや高速道路を無数につくり続けてきたのです。
 しかも「区分所有」などと言う無責任な所有権を与え、家を持つ意味、住む意味さえ根底から覆しているのです。「10年もしないうちに価値は半減します!」と言う、絶対的事実を誰も伝えようとしないのです。
せめて「償却39年の建て替え費用として毎年購入価額の40分の1、すなわち4000万円なら毎年100万円、すなわち毎月10万円ほどは積み立てください」と真摯に言うべきところなのです。

 こんなことから新たに先行きを危惧する前に、過去の実績を真摯に見直してみるのです。人はやはり一緒に住むことが一番いいのです。いかなる厳しい環境の場所であろうとも人々は何百年も一緒に生きて来たのです。
原点に戻ろうとは言いませんが、その良さを現代に生かし、その不備を補足改善すればいいのです。

写真:合掌造り内部構造なんと!ジョイントは縄(筆者撮影)
<写真:合掌造り内部構造なんと!ジョイントは縄(筆者撮影)>

 私が何十年も言い続けて来た「フレームコロニー」は、ご存じあの白川郷の合掌づくりの高強度で高レベルの“メンテナンス力”〈結:ゆいと言う〉(写真:著者)を参考にしたもので、まさしくA型の強靭な構造兼設備フレームに各ハウスメーカーが一定のアタッチメントで自由にハウスユニットをつくりそれを“フレーム権”にはめ込むと言うものです。 同居なら左右、あるいは上下にフレーム権を手に入れ一緒に住み、転勤があればそのユニットを勤め先のフレームにそのまま移送すれば良いと言うものです。(イラストと模型)

イラストと写真:フレームコロニーイメージと模型 (筆者撮影)
<イラストと写真:フレームコロニーイメージと模型 (筆者撮影)>

 フレーム自体は常にメンテナンスが可能で、何100年と持ちこたえ、地方のフレームに住めば権利差額は人に譲ったり貸したりして、老後も生きやすいと言うものです。東京では山手線の上をすべてこのフレームコロニーにすれば全線一周に、ほぼ東京の全世帯が住め、駅は常に下にあり、道路もその地下に本当の「山の手道路」ができるのです。
 各戸は木造や既成のユニットなど好みの自由なものになり各戸には一戸建て同様すべてに自然の風が通り、庭ユニットも持てるのです。もちろん車と同じ中古物件の市場もあり、さらに“持ち家”の自由性が広がるのです。

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表