無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 住まいは国民の健康や命を守る貴重な福祉財

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 住まいは国民の健康や命を守る貴重な福祉財

住まいは国民の健康や命を守る貴重な福祉財

ビルの中の100年以上たち京の町家群
■写真:ビルの中の100年以上たち京の町家群(写真天野彰)

だれもがこの先の老後の生活や災害に不安を抱き、皮肉にも「老後を助けてくれるはずの家」に思い切った投資ができないでいるのはとても危険です。
老後に安心な省エネと、メンテナンスフリーで持ちのいい災害に強い住まいができることが、この先行き不安からすべてのことがもう一歩のところで躊躇させてしまうのです。
そこに今度の東日本の災害あまりにも甚大な国家的損失となり、災害復興をかこつけたような短絡的な消費税アップの風潮が心配なのです。

もともと今までの住宅政策そのものがビジョンの無い後追いばかりのようで、わずか2、30年そこそこで建て替えざるを得ないようなベニヤ板の家となり、まさに耐久消費財のような家で、ついには “不動産”であるべき住宅が“消費税”を課せられるような耐久消費財になってしまったようです。
そんな消費財のような家を建てていることが悪いのか、行政の思想のなさか、建てたときに高額の“不動産”取得税を課しながら、営々と“固定資産税”を払い続け、さらに10%もの“消費税”を支払う。そんな矛盾におかしい!と言う人も少なく、それどころか、これから7%、いや10%になる時、また駆け込み着工をするのでしょうか?

住まいは国民の健康や命を守る貴重な名福祉財です。すなわち社会資本です。耐震性はもとより耐久性こそが重視されなければなりません。
その消費税分の費用で構造補強ができ、家の質の向上が図れ、メンテナンスフリーの長持ちする家となり、長年にわたってどれだけ多くの人の生活や命が守れるか…と思うと残念でたまりません。皆さんはいかが思われますか?

100年以上持たせるYさんの家(設計:アトリエ4A)
■写真:100年以上持たせるYさんの家(設計:アトリエ4A)(写真天野彰)

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表