無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「時」と「場」をつくることが家族の「間取り」

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「時」と「場」をつくることが家族の「間取り」

「時」と「場」をつくることが家族の「間取り」

 最近の住まいの設計で忘れられていることはなんと、意外にもこうした家族一人一人の行動とその感性ではないでしょうか?

 夫婦や子どもを一つの家族としてひとくくりにして、「間取り」を考えると、「間」すなわち「部屋」を各自に与えれば家族を満足させられるだろうと思いがちだったのです。
それが2LDKや3DKと数式記号で呼ばれる住まいの「間取り」の定型となったのです。

 しかし、今日では家族をひとり一人の「人間」としてとらえ、子どもたちが一緒に行動する時、いやむしろ、一緒に居たい時と、反対に一人になりたい時を考え、それらを柔軟に受け入れるために、囲われた部屋である「間」ではなく、ふところのような「場」が重要となるのです。

イラスト2:場取りの家族ゲーム
■イラスト2:場取りの家族ゲーム(天野彰)

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表