無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 消費税アップで家のコストは体脂肪率30%!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 消費税アップで家のコストは体脂肪率30%!

消費税アップで家のコストは体脂肪率30%!

 仮に消費税も10%に引き上げようとすると、3,000万円の家で300万円、10億円の病院や老人施設でなんと!1億円もの消費税となり、その結果、家賃はもとより医療費や福祉介護費用にもその割合で負担がそのまま増えることが分かります。つまり弱者には消費税が累積加算されて何も買わないのに生活負担が増えてしまうのです。
ところがさらに問題なのは、5%消費税導入の際、建築費が実質2~30%も値上がりした経緯があるのです。確かに導入前の駆け込み着工の値上がりもありましたが、建設コストはそのまま上がったままです。

 そこで建設コストの内訳を詳しく調べて見ますと、この見積もり上の5%の消費税が、建て主の手に渡るまでにあらゆる材料や部品の単価、工賃、運賃に至るまで、何通りにも累積加算されていたことが分かります。
 例えば今サッシ1本10万円の価額を例にしますと。建て主の手に渡る時は確かに10万円の単価のようですが・・・、その現場に持ち込まれて取り付けられる前までに、アルミの原料、さらにガラスの原料、それらを溶かし成型するまでの工作機械や型代、燃料費、運搬費、工賃さらに窓枠製作費とあらゆる段階で5%の消費税が見積もり加算されてしまうのです。このことに対して、
 「いや、5%の消費税はすべての事業者に差し引きして還元されます!」と、
 ところが実際には、アルミやガラスの原料はすでに消費税5%の見積もりで工場に納品されて、以後その割合の工具、燃料、工賃、運搬費、経費と消費税がそれぞれに加算された見積もりで利益や経費を足して価額が決まって行くのです。

 結果、数年前7万円ほどのガラス込みのサッシが今「10万円+消費税」となっているのです。これはなんと実質30%も割高となっているのです。一体このサッシの中にどれほどの消費税分があるのかを追跡調査してみるとすべてがその都度の見積もり上の消費税であることがよく分かります。しかしそれで価額は次々決まって行くのです。

見積りのあらゆるところに消費税が・・・
■イラスト1:T邸、見積りのあらゆるところに消費税が・・・(天野彰)

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表