無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 耐震リフォームで、キッチンとバスが素敵!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 耐震リフォームで、キッチンとバスが素敵!

耐震リフォームで、キッチンとバスが素敵!

イラスト2:なんでも手元、一人アイランドキッチン
■イラスト2:なんでも手元、一人アイランドキッチン(天野彰)

 このことは地震対策も似ています。東日本大震災以降、これほど巨大地震だの首都圏直下型地震などと騒がれても積極的にそうした対策をなさる人などいないのです。確かに耐震診断の依頼は多いようですが、その判定も「やや危険」とか「震度6強程度が来たら損壊の危険がある」などと中途半端に判定されると、なんと本心「良かった!」と胸を撫で下ろしている感じなのです。その証拠にこちらが耐震対策の提案をしても、ろくに目を通すことなく、
 「3.11程度の地震で壊れないのならわざわざ費用を掛けることはないか」とか、
 「補助金がいくら出るか?その範囲の費用で賄えるか?」
などとまるでわが家の安全を補助金頼みとなり、挙句の果ては
 「マ、そんな地震が来たら危ないのはうちだけじゃない」
と自らに言い聞かせてしまうようにさえ思えるのです。実際に耐震リフォームで訪ねて来られた人も・・・、リフォーム談義に話が進み、あのキッチンがいい、このバスのデザイン素敵!などと興味はそっちで、耐震補強のことなどすっかり忘れてしまったかのようなのです。しかたなくこちらから、「ここを補強します。ここをやりかえますよ!」などと即すしまつとなるのです。ましてや老後のためのバリアフリーの提案などは、“いったい誰のため”と言う風なのです。

老いの生活を想わせないモダンアイランドキッチン
■老いの生活を想わせないモダンアイランドキッチン(写真天野彰)

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表