無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. インテリア
  4. ドイツに学ぶインテリアキッチン

住宅関連記事・ノウハウ

住生活情報マガジン 余はく ドイツに学ぶインテリアキッチン

ドイツに学ぶインテリアキッチン

ドイツでは「キッチン=家具」、日本では「キッチン=水廻り」考え方はまるで違う

 ドイツと日本のキッチンは成り立ちが違います。
 ドイツはシステムキッチンの発祥国です。システムキッチンは19世紀待つにシンクと水栓、ガスオーブン、調理場などを短い動線でつなぎ、家具に組み込んだものがはじまりです。そうした経緯があるため、ドイツ人にとっては、今でも「キッチン=家具」なのです。でえすから賃貸住宅に暮らす場合でもキッチンは入居者が用意します。もちろん引っ越すときにはキッチンも一緒に持っていきます。

また、「キッチン=家具」であることから、インテリアを校正する要素としてキッチンを捉えており、家具同様にライフステージ別にキッチンのセグメントがあります。若い世代向けのキッチンがあり、年齢を重ねて家を建てるときに「憧れのブランドキッチン」を検討するといった流れです。日本で「いつかはル・コルビジュエがデザインとしたソファがほしい」と考える人がいるように、「いつかはポーゲンポールのキッチンがほしい」と考えるのは、ドイツでは一般的なことです。

このようにドイツではキッチンがインテリアの構成要素として考えられているので、キッチンと家具全体の雰囲気を調和させることを考えます。アンティーク家具に囲まれた家に暮らしていれば、それに合わせてキッチンにもそれに似合った濃い色の木材を選んだり、真鍮のハンドルを選んだりといった具合です。

 こした考え方は、間取りにも影響を与えます。日本でもきキッチンとダイニング・リビングの距離が近づいてきていますが、ドイツではインテリアへの関わり方がより密接で積極的です。「リビング・ダイニングのなかに調理できるスペースがある」と言ったほうがよいくらいのプランが当たり前に提案されています。

 日本では「インテリアとしてのキッチン」の提案に対してやや消極的なのは、もともとキッチン(台所、厨房)が水を使う場所として、外部や土間などの半外部に設けられていたためです。しかも北側が大半。こうした歴史的な経緯もあり、日本では「キッチン=水廻り」として捉えられています。

アンティーク調にまとめた、ドイツの家庭のキッチン。
■写真1:アンティーク調にまとめた、ドイツの家庭のキッチン。ドイツでは、その家の雰囲気に合わせてキッチンを設えを整えていくことが多い

取材協力/キッチンジャーナリスト 本間 美紀
取材・文/大菅 力
撮影/今井 義朗
協力/設計施工・有吉住宅

住宅情報マガジン『余はくvol.15 春夏号』 P8~P10(2012.4.20発行)

関連記事

住生活情報マガジン 余はく住生活情報マガジン 余はく

住生活情報マガジン 
余はく

大人のライフスタイルにちょっぴり魔法のアクセントをー
余白は、余っているんじゃないんです。残しておいたのです。
暮らしのこと…、住まいのこと…、趣味のこと…、余白を使う時は、ちょっと特別なんです。そんな、<余はく>を粋に演出できる大人のための住生活情報マガジンです。