無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 住宅の性能を上げると、病気にかかりにくくなる?(1)

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社住宅の性能を上げると、病気にかかりにくくなる?(1)

住宅の性能を上げると、病気にかかりにくくなる?(1)

 今号は、断熱性能を高めた居室では、ヒートショックによる影響のほかにもアレルギー疾患やインフルエンザへの罹患が少なくなる可能性について解説しましょう。

 断熱性能を高めると、アレルギー症状が減るほか、血圧が安定。
さらに、室内の温度差が少ないと、高齢であっても活動量・筋力も高くなるとの調査結果が出ています。
インフルエンザについては、室内の湿度管理が重要。
 住まいの断熱性能を高め、加湿器を適切に使うことで、インフルエンザを防ぐ可能性も高まるようです。

 ポイントは、冬場における室内の湿度管理。
 空気が乾燥すると体から蒸散する水分量が増えるため、暖房をつけても体感温度は低くなってしまうのです。
 つまり、暖房の温度だけを高く設定しても、温かさを感じにくいことになります。

 どんな工法の住まいでも、いろいろな業者から断熱改修を勧められても、光熱費が下がる以外のイメージが湧きにくいですが、最近では治療法が高度になっていることから、どういった場合にどのような治療法や環境だと、治療効果・予防効果があるのか。医療機関では実際にたくさんの患者さんを対象に、調査研究を行っています。医師は個人的な経験や勘に頼らず、いまでは住宅の環境を含めた幅広い調査研究に基づいて診療に取り組んでいます。

 ★毎週住まいに役立つ無料メールマガジンを配信中!「本当の住まいづくり入門~100人の達人に聞く」

 ★「新築建てたい」「リフォームしたい」「土地の購入・売却を検討」「家づくりお金について」「住宅ローンについて」「賃貸併用住宅など、収益のでる家を建てたい」「とにかく自宅の近くで安心できる業者を紹介してほしい」など住まいに関するお悩みを相談してみませんか? ご相談は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。