無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 不同沈下が発見される場所は?

住宅関連記事・ノウハウ

地盤情報コンダクター 大串 豊 不同沈下が発見される場所は?

不同沈下が発見される場所は?

 不同沈下によって最初に影響を受ける建物部位の場所は、もちろん地盤に接している部分です。不同沈下が進行していくと、土間コンクリート(犬走り)にクラック(ひび割れ)が入り始め、次に建物の基礎にもクラックが生じてきます。

 ここで気を付けなければいけないのが、「基礎にクラックが発生していたら、建物は必ず 不同沈下しているのか」という点です。
 なぜなら、基礎のコンクリート表面には髪の毛ほどの幅(0.3㎜以下)で深さがあまりないクラックが発生する場合があります。このクラックを「ヘアークラック」と呼びますが、これはコンクリートの乾燥・収縮や膨張などによって発生しているものですので、基礎の構造には影響しておらず、基礎の中にある鉄筋をサビさせてしまう等の影響を及ぼすことも考えにくいので、補修の必要はないとされています。(もしくはモルタルで隙間を埋める補修で問題ないとされています。)
 つまり「ヘアークラック」は不同沈下が原因で発生しているものではありませんので、基礎にクラックが発生していたら、ヘアークラックなのか、それとも不同沈下が原因で発生している「構造クラック」なのかを判断する必要があります。

 さらに不同沈下が進行していくと、玄関ポーチ・テラスなどと基礎との間にすき間が生じたり、上部構造部分に不具合が生じてきたりします。上部構造部分の不具合事象の例としては「壁紙にしわがよる」「壁や床のタイルに亀裂が入る」等がありますが、さらに「サッシやドアの開閉に支障が出る」「床に置いたゴルフボールが一方方向に転がっていく」等の事象が発生した場合は、かなり不同沈下が進行していると判断しなければなりません。

木造建築物の不動沈下障害と変形地
■基礎知識:木造建築物の不動沈下障害と変形地

 「地盤」があなたの家を強くする!そんな「地盤」について役立つ情報をお届けします。
 大串 豊(株式会社サードチェックアイ)
 ★住宅地盤に関する専門情報を公開中「住宅じばん事典」もご覧ください。

関連記事

地盤情報コンダクター 大串 豊地盤情報コンダクター 大串 豊

地盤情報コンダクター 
大串 豊

株式会社サードチェックアイ(地盤情報サイト「住宅じばん事典」運営)
 大学卒業後、ハウスメーカーで住宅営業に従事した際、建築では建築地の「地盤」が大事なことを知る。その後商社系保険ブローカーで戸建住宅に関する保証制度の構築に約10年間携わる中で、地盤調査・補強工事会社の業務ミス等により住宅が不同沈下した場合の修復費用を補償する「地盤保険」の開発・運営に従事する。
 現在、住宅地盤に関する専門情報を一般消費者に知ってもらうべく、情報サイト「住宅じばん事典」を企画・運営している。