無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 今こそ「セルフディフェンス」の家に!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 今こそ「セルフディフェンス」の家に!

今こそ「セルフディフェンス」の家に!

 皮肉にも、この先の生活や地震に不安を抱きながらも、老後を助けてくれるはずの家に思い切った“投資”もできないで来てしまったのです。もっと不幸なことは16年前の阪神大地震ではこうした老人が住む大きな家が倒れて多くの人が亡くなっていることです。情けないことに、もう一歩、そう前回もお話しした、僅か200万、300万円のちょっとした耐震強化リフォームだけでも助かったかも知れないのです。まさに“家への投資”で老後に安心で地震にも強い「セルフディフェンスの家」ができたはずでした。

 さらに悔やまれるべきは、子育てが終わって定年前後に思い切って家の半分を処分してでもイラストのような小さくとも外殻がコンクリートで中は無垢の木造の、災害に強くてしかも快適な家ができたかも知れないのです。またさらに頑張って貸しスペースのある家にして家賃収入を期待できたかも知れないのです。

外がコンクリートで中は木造の災害と老後に強いセルフディフェンスの家
外がコンクリートで中は木造の災害と老後に強いセルフディフェンスの家

 まさしく「セルフディフェンス」とは住まいだけではなく、自分自身の人生を守る考えでもあるのです。今からでも遅くはありません。土地さえあれば建て替えでもリフォームででも「セルフディフェンスの家」はできるのです。
 またその元気でいると離れて住んでいる子どもたちが一緒に住もうと言ってくるかもしれません。これもまた老後に安心な成り行きなのかも知れません。事実、この大震災直後から親子双方からの同居希望が増えていると言うのです。

【読者プレゼント付き!転ばぬ先の家づくり】

最後に、このコラムを読んで頂いた方限定に 、拙著「転ばぬ先の家づくり」(祥文社)を先着5名様にプレゼント(2011年7月31日締切)させていただきます。
ご希望の方は、どうぞ下の「お問合せ・カタログ請求」ボタンからお入りください。
※お問合せ内容の欄に、「天野彰 本プレゼント希望」と必ず記載ください。

転ばぬ先の家づくり
写真:拙著「転ばぬ先の家づくり」(天野彰著:祥文社刊)

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表