無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. スマートハウスの両極に位置するハウスメーカーフラッグシップモデルと無垢材板倉工法の住まい

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社スマートハウスの両極に位置するハウスメーカーフラッグシップモデルと無垢材板倉工法の住まい

スマートハウスの両極に位置するハウスメーカーフラッグシップモデルと無垢材板倉工法の住まい

 4月下旬に、汐留電通ホールにて、弊社小野による“スマートハウス”の市場動向に関する業界人向けセミナーを運営させていただいておりました。そのなかで、現時点で“スマートハウス”に取り組んでいる大手ハウスメーカーのうち、例として、積水ハウス:《グリーンファースト ハイブリッド》と大和ハウス工業:《スマ・エコオリジナル》、そして、いち早く“スマートハウス”に取り組んだ積水化学工業・セキスイハイム《スマートハイム》という3ブランドについて説明をさせていただきました。

 共通していえることは、環境に配慮した住宅設備機器(プロダクト寄り)+パッシブデザインで国が求めている『トップランナー基準』をクリアしていることです。

 一方では、環境に配慮した最小限の住宅設備機器の追加でも『トップランナー基準』をクリアできる可能性が高い住宅も、少数ながら存在しています。あくまで主観的判断であることをあらかじめお断りした上で、例をご紹介します。もちろん、実際に見学した住宅を例としてあげさせていただきます。

それは、東京都世田谷区にある、『寺町の板倉』昨年7月末に完成し、私自身夏の暑いさなかに数時間以上滞在した住まいです。
『寺町の板倉』(事例紹介ページへ
プロジェクト統括は、(株)ミナクニ・コンサルタント。(会社紹介ページへ)※ご自身が経営されている、4世帯の賃貸住宅です。

 手が届く範囲(設計量を除く本体建築工事費は目安70万円/坪)で、もともとの住宅性能が優れていると、環境に配慮した最小限の住宅設備機器の導入で、厳しい『トップランナー基準』をクリアする可能性が高くなります。
これから、ハイブリッド車と同じように、社会的標準(スタンダード)になっていく“スマートハウス”。ハウスメーカーで建てる“スマートハウス”と、一流の大工と職人が建てる“スマートハウス”。価格・仕様・住みやすさなど、いろいろな視点で比較してみるのも、これから必要なことになってきます。

 同じ“スマートハウス”でも両極端な性格をもつ、2つの“スマートハウス”。これからの“スマート・ハウス”は、選択の幅が広がっておもしろいことになりそうです。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。