無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 【標準見積書】が結果、長持ちする"いい家"】をつくる

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社【標準見積書】が結果、長持ちする"いい家"】をつくる

【標準見積書】が結果、長持ちする"いい家"】をつくる

 もちろん、この【標準見積書】が普及するまで相応の期間がかかることが予測できるため、【法定福利費】の項目がいますぐに施工会社選定判断基準になるわけではありません。

 一方、建設業の許可・更新の申請時に、新たに健康保険などの加入状況を記載した書面の提出が11月1日から求められ、あわせて特定建設業者が作成する施工体制台帳などの記載事項に保険加入状況が追加される制度が始まりました。今回の確認の開始にあわせ、許可・更新時に未加入であることが判明した企業に対し国・都道府県の建設業担当部局が加入指導を実施。さらに、立入検査などにより加入状況や元請企業による下請企業への指導状況を確認。未加入などが判明した企業に対しても国・都道府県の建設業担当部局による加入指導を行うことが決まっていますので、結果として、公的保障が確保されている職人さん(技能労働者)が、みなさまの家を手がけることができるわけです。

 職人さん(技能労働者)の法定福利費という、住宅の仕様や性能に直接関係する話ではありませんが、むやみな値引きを要請することで法令遵守(コンプライアンス)に抵触しかねない問題や、職人さん(技能労働者)のモチベーションを下げてしまいかねない問題を避ける判断材料のひとつとして、この標準見積書は【使える】と思います。

 法定福利費をかけても、よい職人さんに家を建ててもらうことが、結果として長持ちする【いい家】になるのです。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。