無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 「地盤」ってなに?

住宅関連記事・ノウハウ

地盤情報コンダクター 大串 豊 「地盤」ってなに?

 「地盤」ってなに?

 住宅建築の計画を進めていくと、「地盤」という言葉をよく耳にしませんか。
 建設会社から「建設地の地盤が弱いと補強工事が必要になるので、地盤調査を行いましょう。」とか、「この建設地は地盤が固いようなのでよかったですね!」など、様々な場面で「地盤」という言葉を聞くことが多いと思います。

 でもそもそも「地盤」とはなんでしょうか。「土地」とは違うのでしょうか。

 「地盤」とは建築の世界では一般的に「構造物が建築された、もしくは建築される予定の土地のこと」を言います。構造物と常に一緒に扱われる建築・土木工学的な専門用語が「地盤」であり、何も建てていない更地のままであればそこは「土地」という表現になります。つまり、土地に建物を建てる場合に初めて「地盤」という言葉が使われ、「軟弱地盤」という表現が出てくるのです。
 「地盤」は建物とセットで考えられるものであると言えますので、建築計画を進めていくと「地盤」という言葉をよく聞くことになるのですね。

 なお、建物は基礎という部材を介して「地盤」と接するように建築されます。
その際、基礎の接地面では建物と地盤が「力くらべ」をしています。この「力くらべ」が上手くいくように建物荷重に負けない丈夫な「地盤」なのか、丈夫な「地盤」でなければ何か対策が必要なのか、ということを見分けるのが非常に重要となります。

 建物と地盤は力くらべで分かる
 ■イラスト:地盤の強さは家づくりに重要

 「地盤」があなたの家を強くする!そんな「地盤」について役立つ情報をお届けします。
 大串 豊(株式会社サードチェックアイ)
 ★地盤に関する専門情報を公開中「住宅じばん事典」もご覧ください。

関連記事

地盤情報コンダクター 大串 豊地盤情報コンダクター 大串 豊

地盤情報コンダクター 
大串 豊

株式会社サードチェックアイ(地盤情報サイト「住宅じばん事典」運営)
 大学卒業後、ハウスメーカーで住宅営業に従事した際、建築では建築地の「地盤」が大事なことを知る。その後商社系保険ブローカーで戸建住宅に関する保証制度の構築に約10年間携わる中で、地盤調査・補強工事会社の業務ミス等により住宅が不同沈下した場合の修復費用を補償する「地盤保険」の開発・運営に従事する。
 現在、住宅地盤に関する専門情報を一般消費者に知ってもらうべく、情報サイト「住宅じばん事典」を企画・運営している。